不動産鑑定の料金、費用と流れについて

スポンサードリンク

不動産鑑定の料金、費用と流れについて

不動産鑑定士に鑑定を依頼した場合の報酬

不動産を売却や賃貸する際に、不動産の経済価値を算定し、
それを基準にすることがありますが、
この不動産鑑定評価は不動産鑑定士に依頼することで、
することができます。

 

この際、不動産鑑定士に支払う報酬は、
対象不動産の広さや鑑定の目的によって、
また各不動産鑑定士が設定する報酬体系によって異なりますので、
一概には言えませんが、だいたいの目安として
10万?15万以上となると考えてよいでしょう。

 

不動産鑑定をする際の流れ

不動産鑑定をする際の流れですが、
まず不動産鑑定事務所に事前相談をするところから始まります。
この際に対象不動産を伝え、支払う報酬がいくらになるのかを聞き、
いくつかの不動産鑑定事務所から
見積もりをもらって検討するとよいでしょう。

 

不動産鑑定事務所を決めるポイント

不動産鑑定事務所を決めるポイントとしては、
報酬額の高い安いだけでなく、不動産鑑定の実務経験や
対応の良し悪しなど、言ってみれば
信頼できるかどうかを吟味して決めましょう。

 

不動産鑑定事務所と委託契約を結び、正式に鑑定を依頼すると、
不動産鑑定士が対象不動産を現地調査し、
法務局や市区町村などの官公庁などで
登記簿謄本、公図実測図、位置略図などの資料を集め、
さらに、取引事例や賃貸事例、周辺地域などの状況を含めて、
不動産鑑定を行い、最終的にそれらをまとめた
不動産鑑定評価書を受け取るという流れになります。

 

不動産鑑定評価書の記載内容について不明な点、疑問がある箇所は
質問し、よく説明を受けて納得した上で、不動産鑑定を終えましょう。

 

不動産投資の基礎知識トップへ

スポンサードリンク