不動産投資の利回り「表面利回り」と「実質利回り」の違い

スポンサードリンク

不動産投資の利回り「表面利回り」と「実質利回り」の違い

資産運用、投資を行う際は、資産を年間で何%増やせるのかという
「利回り」が注目されます。

 

例えば、1,000万円を銀行の預金にあずけておいて
1年後に0.1%の利息がつけば、利回りは0.1%、
1,000万円でワンルームマンションを購入し、
年間50万円の家賃収入を得ることができれば、
利回りは5%ということになります。

 

リスクなどをないものとして考えたとき、利回りの数字だけ見ると、
すぐ使う予定のないお金を銀行に預けておくより、
不動産投資を行った方が50倍も
お金を増やすことができるとかんがえることができます。

 

資産運用の方法は他にも株式投資や国債の購入など様々あり、
銘柄によっても異なりますので、どれに投資するかの判断基準のひとつとして、
利回りは重要なものです。

 

 

「表面利回り」と「実質利回り」の違い

不動産投資の場合、利回りには、
「表面利回り」と「実質利回り」があります。

 

表面利回りとは、すでに説明した利回りの計算方法で、
実質利回りとは、家賃収入から、購入費用、維持管理費、税金、
などあらゆる支出を含めて考慮し、物件を売却した時の売却益まで
あわせて考慮して算出する利回りのことをいいます。

 

ですから、実質利回りは、
表面利回りよりも厳しい数字となり、
実際のところ手元のお金は
どれくらい増えるのかということをしめす数字です。

 

 

不動産投資の利回りは5〜10%あたりと言われていますが、
広告などのうたい文句や、営業トークは、
表面利回りの数字で、実際に資産の増え方は、
それよりも少ないことが通常ですので、
表面利回りの数字で実際にお金が増えると安易に考えず、
実質利回りの数字で資産をどのように運用すべきか慎重に考えるべきでしょう。

 

不動産投資の基礎知識トップへ

スポンサードリンク