不動産投資の「高利回り」物件の注意点、落とし穴

スポンサードリンク

不動産投資の「高利回り」物件の注意点、落とし穴

資産運用、投資を行う際は、資産を年間で何%増やせるのかという
「利回り」が注目されます。

 

例えば、
1,000万円でワンルームマンションを購入し、
年間50万円の家賃収入を得ることができれば、
利回りは5%ということになります。

 

不動産投資の「高利回り」物件の注意点、落とし穴

当然、利回りが高ければ高いほどよいのですが、
不動産業者に「高利回り物件」としてプッシュされている
物件は注意が必要です。

 

不動産業者の提示する利回りは、
投資金額に対して、家賃収入がいくらだから、
利回り○%と、するものですが、当然、家賃を高くすれば
利回りは高くなります。

 

単純な話で1,000万円でワンルームマンションを購入し、
年間50万円の家賃収入であれば利回りは5%、
100万円の家賃収入であれば、利回り10%ということになります。
つまり、物件を売り出す際の利回りは
いくらでも操作可能ということになります。

 

「実質利回り」で考慮する

重要なのは、その家賃は周辺の相場と比較して妥当なのか、
その家賃で継続的な入居者を期待できるかという点です。
また、利回りの考え方に「実質利回り」というものがあります。

 

実質利回りとは、家賃収入から、購入費用、維持管理費、税金、
などあらゆる支出を含めて考慮し、物件を売却した時の売却益まで
あわせて考慮して算出する利回りのことをいいます。

 

物件購入前からきっちりと算定できるものではありませんが、
可能な限り具体的に算定し、投資物件の妥当性を吟味すべきです。

 

ということで、「高利回り」をウリにして、
プッシュされている物件はたくさんありますが、
いくらでも操作できる数字ですので、実際にどうなのかを判断するため、
家賃相場や周辺状況のチェックなど、数字だけでなく、
現場の様子を把握して、慎重に物件選びを行いましょう。

 

不動産投資は、まず複数の不動産投資会社から情報を集めるところから始めましょう。
下記のリンクから不動産投資会社の資料を一括請求することができますのでご利用ください。
不動産投資一括比較


スポンサードリンク