不動産投資収支シミュレーター

スポンサードリンク

不動産投資収支シミュレーター

マンションを購入し、賃料収入を得るという不動産投資を始める際に、
もっとも慎重にならなければいけないのは、
当然ながら物件選びをするときです。

 

不動産の購入価格、修繕費用、ローンの利息、
家賃の設定、空室率、売却を想定した数年後の不動産価格など
さまざまな要素を踏まえて、
どの程度の投資額でどの程度のリターンを得られるのかを吟味し、
継続的に収入を得て、最終的に不動産を売却する際に
どの程度のリターンを得られるのかを想定しなければなりません。

 

もし、ローンを組んで不動産を購入し、
空室状態が続いてしまい、不動産の物件価値が下がっていき、
ローンも上昇ということになると、
借金だけが残ってしまうという最悪な状態になります。

 

不動産投資を行う際は収益性の高い物件を選ぶ必要がある

ですから不動産投資を行う際は、
継続的に収入を得て、売却時にもそれなりの価格で売却できるような
優良な物件を選ぶことが重要となります。

 

とはいえ、優良な物件はすぐに売れてしまいますので、
市場にある玉石混交の数ある物件の中から、
自分で丹念にシミュレーションをして、優良物件を探しだす必要がありますが、
これには知識、経験を使って時間をかけて計算をする必要があり、
これはかなりの労力となります。
仲介業者などの説明を聞いても、どれが正しい情報なのか不明なことも
多いですし、コンサルタントに依頼をするにもコンサル料金も安くはありません。
かといって、自分で計算をしても、その方法が正しいのかどうか
不安があるでしょうし、融資を受ける際に金融機関を納得させることのできる
収益計画を作るのもかなり大変です。

 

そこで、オススメしたいのが、不動産投資収支シミュレーターというツールです。

 

不動産の収支計算が簡単にできる不動産投資収支シミュレーター
詳しくはこちらをクリック↓
不動産投資収支シミュレーター

 

この不動産投資収支シミュレーターというツールでは、
「健美家」、「Homes不動産投資」、「不動産投資連合隊」の
大手の不動産投資ポータルサイトから必要な情報を抽出し、
物件の収支シミュレーションにおいて必要な情報を一つのグラフにまとめ、
一瞬で物件の評価をすることが可能で、
IRR、ROIを自動計算し、
毎年の収益や、売却時にどれぐらい収入が得られるのか、
といったことが一目でわかるようになっています。

 

また、物件の残存法定耐用年数から、
融資の期間といつ頃売却するとよいかという時期の分析も行ってくれますので、
物件の購入時の優良物件探しのシミュレーションから、
金利の上昇などの要素も含めて、何年間賃料収入を得たうえで売却をするのが
最適か(赤字になってしまう時期を予測)という、
物件を売る最適なタイミングもシミュレーションしてくれますので、
中長期的な視野で不動産投資を行うことができます。

 

さらに金融機関から融資を受ける際に必要となる
貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書も、
自動的に計算されるようになっていますので、
そのまま銀行に提示することができ、
銀行が物件を評価する2種類の方法、
積算評価法と収益還元評価法を簡単に算出することができます。

 

 

不動産投資を考えつつも、中々一歩を踏み出せないという方や、
すでに不動産投資を開始し、現在保有している不動産の状態を
客観的に分析し、今後の判断材料にしていただければと思います。
価格も一回の飲み代よりも安い非常にお手頃な価格となっておりますので、
ぜひお試しいただければと思います。

 

不動産の収支計算が簡単にできる不動産投資収支シミュレーター
詳しくはこちらをクリック↓
不動産投資収支シミュレーター

 

 

スポンサードリンク