不動産投資におけるキャピタル・ゲインとは

スポンサードリンク

不動産投資におけるキャピタル・ゲインと

キャピタルゲイン(売却益)とは

一般的にキャピタルゲイン(売却益)とは、
保有している資産の価格が購入時よりも
値上がりすることによって売却時に差額として得られる収益のことです。

 

土地や建物の不動産、株式や債券のなどの有価証券、
その他、絵画や骨董品、宝石、金、ゴルフの会員権などその対象は様々です。

 

資産価値が上昇して得られるキャピタルゲインといい、
逆に資産価値が減少してしまい、購入時の価格よりも
売却時の価格が下がってしまった場合は、
差額の損をキャピタルロスといいます。

 

インカムゲイン(運用益)

ちなみに資産を保有することで継続的に受け取ることのできる現金収入のことを
インカムゲイン(運用益)といいます。

 

不動産であれば家賃収入、
株式であれば配当などがそれにあたります。

 

不動産投資の場合、現在の日本の状況においては、
家賃収入のインカムゲインを目的として行われるのが一般的です。

 

結局インカムゲインを期待できる物件はキャピタルゲインも期待できる

建物の場合は劣化し価値は時間とともに
減少するのが一般的ですし、
地価についても、かつて地価が右肩上がりに上昇を続けていた時期であれば、
キャピタルゲインを期待した投資方法もありましたが、
現在の地価は下落・低迷するものの方が多く、
よほど立地に恵まれた土地でなければ
キャピタルゲインを期待することは難しいですが、
安定したインカムゲインを期待できる立地であり、
今後も安定し成長が見込まれるようであれば
その土地には価値があるということで、
売却時の価格も高いものが期待できることもあります。

 

つまり、現在の不動産投資の場合は、
安定的なインカムゲインを見込める優良な物件であれば、
同時にキャピタルゲインを期待できますし、
逆にインカムゲインの期待できない物件であれば、
キャピタルゲインも期待できないと考えられますので、
不動産投資の際はその立地、需要、周辺の状況などを
吟味して物件を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク