不動産投資におけるインカムゲインとは

スポンサードリンク

不動産投資におけるインカムゲイン(運用益)とは

インカムゲイン(運用益)とは

資産を保有することで継続的に安定して得ることのできる
現金収入のことをいいます。

 

例えば銀行預金から受け取ることのできる利息、
株式を保有している場合に企業の業績に応じて受け取る配当金などです。

 

不動産投資の場合は、所有した不動産を貸し出すことで得られる
家賃収入がこれに当たります。

 

不動産投資におけるキャピタルゲインは、
不動産を購入したときの価格よりも売却した際の価格の方が
高い場合に得られる差額のことをいいます。

 

現在の不動産投資では一般的に
キャピタルゲインを期待するというものではなく、
インカムゲインが主な目的とされています。

 

家賃の価格は不動産価格ほど激しく上下することは考えにくいので、
安定的・継続的に家賃収入を期待することができます。
もちろん、インカムゲインの期待できる物件であれば、
物件価値もあるということですので、うまいタイミングで売却をすれば
キャピタルゲインを期待できる場合もありますが、
不動産投資の目的のメインはインカムゲインとなります。

 

もちろん、不動産投資を行えば、
すべてインカムゲインが期待できるわけではありません。

 

家賃を払ってくれる入居者がいて初めて発生するものですので、
入居者を絶えず確保し続けるには、立地や建物の設備を
入居者のニーズに応えるものでなければなりません。

 

入居者がいなければ支払いばかりをすることになる

入居者がいなければ、ローンや諸経費などの支払いで
お金が出て行く一方ということになってしまいますので、
インカムゲインを得るには、リサーチ、緻密な計画、
市場動向を把握した継続的なメンテナンスが必要です。

 

ご自身ですべてを行うこともできますが、
プロの不動産業者とパートナーを組んで行うこともでき、
また、そちらの方がより安定的な経営ができる場合が多いでしょう。

スポンサードリンク