公示価格とは?その調べ方について

スポンサードリンク

公示価格とは?その調べ方について

土地の価格をいくらとするのかという点ですが、主に
実勢価格、公示価格、路線価、固定資産税評価額
の4つの算定方法があり、
「一物四価」といわれています。

 

公示価格とは

その中で「公示価格」は、地価公示法に基づいて、
毎年1月1日に全国の都市計画区域内に標準地を選定して、
2名の不動産鑑定士が最新の土地の取引事例や、将来性を踏まえて評価をし、
国土交通省の土地鑑定委員会で地域のバランスなどを検討し、
毎年3月下旬に国土交通省が公示するもので、
客観的な判断で評価された不動産の価格とされます。

 

国土交通省HP 地価公示
http://tochi.mlit.go.jp/kakaku/chikakouji-kakaku

 

通常、建物が建っている土地よりも更地の方が
土地の価値は高い値がつきますが、
公示価格は土地の本来の評価を示すものですので、
建物が建っている場合でも建物を除いて、
土地のみの価格を評価し価格が算定されます。

 

この公示価格が不動産売買の価格を決める際の基準にも用いられますし、
路線価、固定資産税評価額も公示価格を基準に算定されますので、
公示価格は不動産の価値をはかる上で最も重要な基準となります。

 

公示価格は、市役所で調べることが可能です。
また、こちらの国土交通省のホームページで簡単に閲覧することができます。
標準地・基準地検索システム

スポンサードリンク