不動産投資の収益価格の計算方法【DCF法】の概要について

スポンサードリンク

不動産投資の収益価格の計算方法【DCF法】の概要について

不動産物件の収益性を算定したものを収益価格といい、
これは金融機関から融資を受ける際に重要な基準です。

 

収益価格が高ければ高いほど、
大きい融資額を受けることが期待できます。

 

収益価格の計算方法は次の2つの方法があります。
・直接還元法
・DCF法

 

今回はDCF法について説明します。

 

DCF法

DCFは、「Discounted Cash?Flow」の略で、
不動産が所有期間中に得られる純利益を現在価値へと割引計算したものと、
所有期間終了時に売却する際の価格を現在価値に割り戻したもの
を合算したものです。

 

少しわかりにくいかもしれませんが、
噛み砕いていいますと、例えば今100万円もらうのと、
10年後に100万円もらえるというのは
価値はイコールではないわけです。

 

今100万円もらって10年間銀行にあずけておけば利息がついて
10年後は100万円以上になっているわけです。

 

また10年後に100万円もらえるという約束は
果たされないというリスクがあるということで
今100万円の方が、10年後の100万円よりも価値があるという考え方で、
不動産がこれから得ることのできる利益を計算し、
そして時間の経過で下がった不動産の売却時の価格を合算して
不動産の価値を算定するというものです。

 

収益価格=毎期の純収益の現在価値の合計+復帰価格の現在価値
ということになりますが、それぞれの現在価値の算定は非常に複雑な計算が
必要となりますので、不動産会社の担当の方に問い合わせ
算定してもらうことをおすすめします。

スポンサードリンク