不動産投資のデメリット、リスクについて

スポンサードリンク

不動産投資のデメリット、リスクについて

ここでいう「不動産投資」とはワンルームマンション、オフィスビルなどを
1棟あるいは1戸購入し、賃貸して
家賃収入を得るものをいいますが、
不動産投資は、株やFXなどの投資方法と比較して、
リスクの少ない投資方法ではありますが、
もちろんリスクがまったくないわけではありません。

 

まず多くの場合、ローンを組んで不動産を購入し、
その物件を賃貸して家賃収入を得て、ローンを返済し、
ローンを完済すれば家賃収入を
継続的に安定して得ることができる
というものですが、もっとも大きなリスクは、
空室リスクです。

 

不動産投資の最大のリスクは空室リスク

部屋を借りて家賃を支払ってくれる人がいなければなりません。

 

部屋を借りる人がいない場合はもちろん、
入居者が見つかっても家賃の支払いを
スムーズにしてくれない場合もあります。
家賃を回収するのに法的手段を取るために、
経費が発生してしまう場合もあります。
このようなことになってしまうと、
家賃収入を得ることができずにく、
必要経費やローンの支払いに追われ、
お金は出ていくばかりになってしまうことになります。

 

(不動産会社によっては空室リスクを保障するタイプの
空室リスクのない投資方法もありますが、その場合は、
当然得られる収入は少なくなります)

 

また、物件が壊れた場合の補修の費用や、
建物が天災や家事などで滅失するリスクもあります。

 

保険もありますが、保険料が当然費用としてかかります。

 

このように、不動産投資は手堅い資産構築方法ではありますが、
大前提として家賃収入が継続して発生することが必要ですので、
この家賃収入が途絶えてしまった場合のリスクを想定し、
そうならないための対策をじゅうぶんにとっておく必要があります。
不動産投資の基礎知識トップへ

スポンサードリンク