不動産の指定流通機構「レインズ」とは

スポンサードリンク

不動産の指定流通機構「レインズ」とは

不動産の指定流通機構「レインズ」とは

宅地建物取引業法に基づき
国土交通大臣が指定した不動産流通機構で、
東日本、中部圏、近畿圏、西日本に4法人が設立されており、
それぞれの地域の不動産情報の交換業務等を行っています。

 

指定流通機構による情報交換を通して、
年間10万件以上の不動産取引が成立しています。

 

不動産流通機構の基本的な役割

不動産流通機構の基本的な役割は、
不動産会社どうしで情報をシェアすることで
不動産流通の円滑化をはかることです。

 

例えば、不動産を売却したいという人が、
買い手を探すために不動産会社と、
専属媒介契約や専任媒介契約によって
不動産売買の仲介の依頼をした場合、
不動産会社は不動産物件情報交換のための
コンピューター・ネットワーク・システム
「レインズ」に登録しなければなりません。

 

この情報は不動産会社でシェアされることになります。
(不動産会社(宅地建物取引業者)は守秘義務を負っていますので、
一般には公開されません)

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

そして、専属媒介契約や専任媒介契約を締結した不動産会社は、
売却依頼物件が売買契約が成約に至ったときも
取引価格などの成約情報を指定流通機構に通知する義務があり、
この情報も不動産会社どうしでシェアされます。

 

この価格等の取引情報は、近隣不動産の価格算定の参考にされ、
不動産流通市場の透明性の確保につながるという意味合いがあります。

 

不動産取引情報提供サイト

一般消費者が不動産価格の相場観を把握し、
安心して不動産取引を行えるように、
不動産取引情報提供サイト「RMI(REINS Market Information(レインズ・マーケット・インフォメーション)」を
公開しています。

 

このサイトでは、物件の成約価格などの取引情報を、
一般の方も閲覧できるようになっています。

スポンサードリンク