賃貸借契約で賃料滞納による明け渡しについて

スポンサードリンク

賃貸借契約で賃料滞納による明け渡しについて

賃貸借契約を締結した賃借人は、家賃の支払い義務があります。
賃借人がこの義務を履行しない場合、つまり、
家賃を滞納している場合は、
債務不履行による契約の解除をすることができるということになります。

 

家賃の支払いが遅れてもすぐに契約解除できるわけではない

ただし、1日支払いが遅れたとか、1ヶ月ぶんの滞納で、
賃貸人はすぐに賃貸借契約を解除し、
賃借人に明け渡しを請求できるというわけではありません。

 

判例では、数ヶ月間家賃を滞納し、信頼関係を破壊するような状態で
なければ契約の解除はできないとしています。

 

ですから、賃借人が数ヶ月(3ヶ月以上が一応の目安)家賃を滞納し、
何度請求してもこれに応じない場合に賃貸借契約を解除し、
明け渡しを請求できるということになります。

 

契約を解除しても、賃貸人は滞納ぶんの家賃を請求できる権利は消滅するわけではなく、
引き続き、家賃とその利息にあたる遅延損害金を請求することができます。

 

賃借人の家賃の支払いが、今後全く期待できないような場合

賃借人の家賃の支払いが、今後全く期待できないような状態であれば、
契約を解除し、引き渡しを請求すべきですが、
賃貸人としては必ずしもその選択がベターというわけではありませんので、
慎重に行うようにしたいところです。

 

また、賃貸人としては賃貸借契約を締結するにあたって
多くの場合、連帯保証人とも契約を結んでいることと思いますので、
連帯保証人への家賃の支払いを請求も検討しましょう。

スポンサードリンク