賃貸借契約の賃借人の賃料支払義務とは?違反した場合は?

スポンサードリンク

賃貸借契約の賃借人の賃料支払義務とは?違反した場合は?

「賃貸借契約」という契約は、民法に定められた契約のひとつで、
当事者の一方がある物の使用及び収益を相手方にさせることを約し、
相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって効力を生ずる契約です。

 

一般的に「賃貸借契約」といえば、アパート、マンションなど
対象物は不動産のイメージが強いと思いますが、
不動産以外のもので賃貸借契約を締結することもできます。

 

賃貸借契約において、賃借人が負う義務は、
目的物を使用収益させてもらうことの対価として金銭を支払うというものですが、
アパートやマンションなど建物賃貸借であれば「家賃」、
土地賃貸借であれば「地代」などと呼ばれ、
賃借料などと呼ばれることもありますが、「賃料」と呼ばれるのが一般的です。

 

賃貸借契約では、賃料を定めることが要件

賃貸借契約では、賃料を定めることが要件となっており、
賃料をゼロとした賃貸借契約をすることはできません。

 

契約の際にあらかじめ、賃料、支払い時期を定め、
支払い方法として、現金払いか銀行振込なのかというところまで定められるのが
一般的で、振込先も指定しておく場合が通常です。

 

なお、民法上、建物については月払い、土地については年払いと規定されていますが、
契約で異なる期間とすることも可能で、月極にするのが一般的です。

 

また、支払い時期は民法では、後払いを原則としていますが、
これも当事者の契約で変更することができ、
実際は、前払いとなっている場合が一般的です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

賃借人が支払期限までに賃料を支払わない場合

賃借人が支払期限までに賃料を支払わない場合は、
履行遅滞として賃貸人から
債務不履行責任を問うことができるということになります。

 

債務不履行責任とは、具体的には、
賃料支払日翌日から支払いをするまでの遅延損害金を支払う義務が発生します。

 

賃料の支払いが遅れたら、一日ごとに
利息のようなものがつくと考えるとわかりやすいでしょう。

 

賃料の支払いを遅れた場合

また、賃料の支払いを遅れた場合は、理屈としては、
債務不履行で、賃貸人は賃貸借契約を一方的に解除し、賃借人に対して、
不動産の明け渡しを請求できるということにもなりますが、
実際は、賃貸人から契約を一方的に解除するには、
「信頼関係が破壊された」と考えられる状況になければならないとされています。

 

ですから、賃料の支払いが一日遅れたから、即、賃貸借契約を
解除するということはできず、一般的には、賃料の支払いが
3か月分以上滞納した状態でなければ、賃借人の債務不履行による
賃貸人からの一方的な契約解除はできないと考えられています。

スポンサードリンク