不動産賃貸契約にかかる費用 敷金、礼金、管理費とは

スポンサードリンク

不動産賃貸契約にかかる費用 敷金、礼金、管理費とは

今回は、アパートやマンションの部屋を借りる際(不動産賃貸契約を締結する際)
にかかる費用について説明します。

 

仲介手数料

通常、部屋さがしは不動産屋で行いますが、
部屋が見つかった際は不動産仲介業者に仲介手数料を支払います。

 

仲介手数料は一般的には家賃の1ヶ月分としていることが多いですが、
不動産仲介業者によってはそれよりも安い場合、不要とする場合もあります。

 

特に近年はインターネットをつかった物件探しで
あらかじめ目当ての不動産をピックアップしてから問い合わせる場合が多いので、
不動産屋の手間も減り、仲介手数料も安くなっている傾向にあります。
ですから、仲介手数料を1ヶ月として提示している不動産屋でも
交渉で安くなる可能性はあります。

 

敷金

敷金は一旦大家さんの預けておくお金です。
家賃1ヶ月ぶん、2ヶ月ぶんを収める場合が多いですが、
最近は敷金なしの場合も多くあります。

 

敷金は、賃貸契約が終了した退去時に、
部屋の清掃費、補修費などの原状回復費などにあてられ、
残額は返還してもらうことができます。
(原状回復費用が敷金を超える場合は、差額を追加で支払う必要があります。)

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

礼金

礼金とは、大家さんへの謝礼金として支払うお金のことです。

 

こちらは敷金と異なり、返ってこないお金となります。

 

敷金と同じく家賃の1?2ヶ月分と設定されていることが多いですが、
最近はゼロとしている物件が多く、
交渉次第で減額できる余地はあります。

 

特に入居希望者の少ない夏などは、
大家さんは空室を埋めたい気持ちが強いので、
礼金なしでも入居してもらいたいということで、
礼金の減額の交渉はうまくいくことが多いようです。

 

管理費

管理費は文字通り、物件の管理に要する費用ですが、
家賃の一部と考えて差し支えありません。

 

パッと見、家賃が安くても管理費で数千円となって
実際はそう安い家賃ではないということもあります。
物件探しは管理費込みで家賃を比較するようにしましょう。

 

その他の費用

その他カギ交換代、保証料、火災保険料、
シロアリ駆除サービスなどの雑費があります。

 

カギは以前の入居者と同じカギでは防犯上こわいですので、
交換した方がよいですが、シロアリ駆除などのサービスが
プラス数万円でできるなどいろいろなサービスの提示が
不動産屋からあると思いますが本当に必要なもののみを選びましょう。

 

スポンサードリンク