家賃、敷金、礼金などの値下げ交渉は意外と可能

スポンサードリンク

家賃、敷金、礼金などの値下げ交渉は意外と可能

物件探しをして不動産屋を巡っている方は、
不動産屋が提示する大家さんの希望の条件で比較して、
向こうの希望条件そのままで契約する方が多いと思いますが、
実は値下げできることは多々あります。

 

もちろん、すべての物件で可能ということではありませんし、
大家さん次第にもなりますが、
値下げできる可能性は決して低くはありません。

 

大家さんも入居者がいて初めて、家賃収入が入ります。

 

空室のままにしておけば、
ローンや諸経費の支払いでマイナスとなってしまいます。
となると、空室の続く物件であれば多少家賃を値下げしても
入居してもらいたいという心理になるものなのです。

 

家賃、仲介手数料、敷金、礼金、管理費、
その他カギ交換代や保証料などの雑費
について、値下げの交渉をし、受け入れてもらえることはよくあります。

 

この中の項目で、家賃を基準として決まっている
敷金、礼金、仲介手数料などもそれに伴って安くなりますので、
まずは家賃の値下げ交渉に力を入れましょう。

 

家賃交渉のポイント

家賃交渉のポイントとしては、
まず周辺の似た間取り、条件の家賃相場を調べ、
提示された家賃が相場よりも高い場合は、
相場よりも少し安い額を希望額として伝え、
譲歩しても相場程度の家賃となるよう交渉してみましょう。

 

例えば、提示された家賃が5万5,000円で相場が5万円という場合は、
4万8,000円ぐらいを希望額として伝え、
この金額でOKならば御の字ですし、
譲歩しても相場の額ぐらいにもっていくという具合です。

 

提示された家賃が相場と同じぐらいか、安い場合は、
「家賃を3,000円安くしてくれたら、即ここに決めるんですが…」
というふうに値引き希望額を伝えて交渉してみましょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

家賃交渉については、大家さんとの仲介をする不動産屋さんも
前向きに思っていることが多いようです。
不動産屋は内心「値引き交渉すればいいのに…」
と思っている場合も多々あるようです。

 

ただ、値引き交渉はうまくいくとは限りませんので、
不動産屋からそれをすすめることはあまりできず、
入居希望者から言い出してくれるのを待っているということが多いようです。

 

空室の期間が長い(3ヶ月以上)の物件は交渉しやすい

空室の期間が長い(3ヶ月以上)の物件であれば、
大家さんも空室を埋めたい焦りの気持ちがありますので、
値引き交渉も受け入れやすくなります。

 

ですから不動産屋に「この物件はどのぐらいの期間空室なのか」
ということを聞くと、交渉しやすいかどうかのポイントを探ることができますので、
そういった情報も踏まえて、双方が納得して賃貸契約ができるよう
話し合いがまとまることをお祈りしています。

スポンサードリンク