不動産の競売物件購入のメリット

スポンサードリンク

不動産の競売物件購入のメリット

不動産を購入する場合は、不動産仲介業者を介して
売主から購入するのが一般的ですが、
裁判所で行われている不動産の競売(けいばい)で購入するということもできます。

 

裁判所の競売の不動産はどんなものかといいますと、
くだけた言い方をすれば、借金のカタとして不動産を担保に入れていた債務者が、
借金の返済に行き詰まり、不動産を競売で売却し、
その価格で借金を返済するというものです。

 

今回は不動産競売物件を購入するメリットについて説明します。

 

不動産競売物件を購入するメリット

価格が安い

不動産競売で購入する際は、一般的に市場価格よりも
3〜7割程度の価格でほど安い値で購入することができます。

 

登記は裁判所が嘱託

不動産を購入する場合は、所有権移転登記や担保権の抹消登記をしますが、
一般の不動産売買の場合は司法書士に依頼してこれをすることになりますが、
競売物件の場合、裁判所に指定された期日までに書類を提出すれば、
裁判所から管轄法務局へ嘱託登記がなされます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

市場に出まわらないような物件を手に入れることができる

一般的に不動産を購入する場合は、不動産会社介して
物件探しをしますが、不動産会社は基本的に売り物になるような
ある程度の需要が見込まれる不動産を扱いますので、
離島や山間地、極端に狭い土地や変形の土地など、
需要の少ないものは扱いませんが、
不動産競売の場合、債務者が所有するこのような土地が登場しますので、
マニアックな物件に出会えることもあります。

 

「需要が少ない」とは、居住に適していないものや、
収益性が全く期待できないものなど、
要は実用的な土地ではないものを
いいますが、そのような目的でなく、変わり種の土地が欲しいという
不動産コレクターの方は競売物件のラインナップを
のぞいてみてもおもしろいかもしれません。

 

なお、メリットとして、競売物件は市場価格よりも安いという説明をしましたが、
安さには理由があります。
競売物件にはデメリットも多くありますので、
デメリットもしっかり把握した上で購入をご検討ください。

スポンサードリンク