不動産の競売物件購入のデメリット、リスク

スポンサードリンク

不動産の競売物件購入のデメリット、リスク

不動産を購入する場合は、不動産仲介業者を介して
売主から購入するのが一般的ですが、
裁判所で行われている不動産の競売(けいばい)で購入するということもできます。

 

裁判所の競売の不動産はどんなものかといいますと、
くだけた言い方をすれば、借金のカタとして不動産を担保に入れていた債務者が、
借金の返済に行き詰まり、不動産を競売で売却し、
その価格で借金を返済するというものです。

 

不動産を裁判所の競売で購入する場合、
一般的に相場よりも3割ほど安く購入できるといわれていますが、
やはり安いぶんだけのデメリット、リスクも伴います。
今回は不動産競売物件を購入するデメリット、リスクについて説明します。

 

不動産競売物件を購入するデメリット、リスク

「売主がいない」というリスク

不動産競売は所有者の不動産を差し押さえ、
強制的に競売にかけるもので、
「売主」が存在しません。
通常の不動産売買の際に法律上課されている義務を
果たすものがいないということが
競売物件の最も大きなデメリットと言えます。

 

例えば不動産の瑕疵担保責任(隠れた欠陥についての責任)、
設備の点検や修理、隣地との境界の確定、
残置物の撤去、立退きなどのトラブルを覚悟しなければ
ならないということになります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

立ち退きリスク

「立退き」とは、不動産が競売にかかっても、
債務者や第三者がその不動産に住み着いていて、
ムリヤリ居座っているような状態です。

 

もちろん、法的手続きで追い出すことも可能ですが、
まっとうに手続きをしていたら数ヶ月単位の時間や
弁護士費用がかかってしまうため、
立退き料を支払って立ち退いてもらうなどということがあります。
(居座っている人がはじめからこの立退き料目当ての場合が
多いです。)

 

しかも、事前に内覧はできず、裁判所で見ることのできる
物件明細書、現況調査報告書、評価書などに添付された
数枚の室内の写真と、
外観を外から眺めることしかできません。

 

購入してから初めて中に入ることができるということになります。

 

競売物件は「いわくつき」物件が多い

競売物件は「いわくつき」物件が多いですので、
このようなトラブルを想定しておく必要があります。

 

また、競売は入札形式で行われますので、
自分よりも高値をつけた人がいれば購入できないということにもなり、
不安定なところもデメリットです。

 

競売物件を購入する際は、住宅ローンを組むことができませんので、
競売物件を購入する際は、まとまったキャッシュを用意する必要があるのも
デメリットです。

 

ということで、競売物件の購入をお考えの方は、
3割ほど安い物件をこれらのリスク承知で購入すべきか
よく検討していただければと思います。

スポンサードリンク