不動産の競売物件購入の注意点

スポンサードリンク

不動産の競売物件購入の注意点

裁判所の競売では、相場より3割程度安い価格で
不動産を購入することができますが、
それなりのリスクが伴います。
不動産競売で物件を購入する際の注意点を説明します。

 

まず、競売物件を購入し、登記も自身の名義としても、
すんなりその不動産を利用できるとは限りません。

 

競売は、債務者が債務の支払いを滞り、
強制的に売りに出されたものですので、
債務者がそのまま居座って住み続けている場合もあるのです。

 

債務者がそのまま居座って住み続けている場合もある

その物件に執着している場合もあれば、
引っ越し費用を捻出できないため居座っている場合もあります。

 

このような場合、法的手段をとって強制的に立ち退かせることもできますが、
数ヶ月単位の時間がかかり、弁護士にその依頼をすると、
弁護士報酬も数十万円から発生してしまいます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

この際、もっともスピーディに出費を抑えて解決するには、
居座っている債務者に立退き料を渡して出て行ってもらうことが
もっとも妥当な方法となってしまうことが多いです。

 

このようなことから、立退き料目当てで居座りを続ける者もいます。

 

また、建物内に残された者の所有権は、
債務者(賃貸している場合は賃借人)にありますので、
競売物件を購入した者も、中のものを勝手に処分すると
損害賠償を請求されるということになってしまいます。
この場合も、弁護士に相談するなど、法律にのっとった
措置を取る必要があります。

 

マンションの管理費が滞納されている場合

購入した物件がマンションの場合、
マンションの管理費が滞納されている場合は、
買受人負担が滞納分を負担しなければなりません。
(競売物件を査定する際に、滞納管理費等は
評価価格から控除されていますので、
その分、安く評価されてはいますが)

 

と、このように、競売物件はトラブルがつきまといますので、
購入する物件は、購入するまで中に入ることはできませんが、
不動産の近くまでいって様子を確認したり、
可能であれば近所の方に話を聞いて状況を調査しておくべきでしょう。

 

スポンサードリンク