任意売却物件の購入の注意点、デメリットよくあるトラブルについて

スポンサードリンク

任意売却物件の購入の注意点、デメリットよくあるトラブルについて

任意売却とは

任意売却(略して「任売(にんばい)」といったりします)とは、
不動産を担保に融資を受けた債務者が、
返済の支払いが滞った場合、融資をした銀行などの債権者が、
担保の不動産を差押え、裁判所に競売の申立て、
その売却代金から返済に充当しようという流れになったところ、
競売の前に債務者と債権者の合意で、
不動産会社を介して一般の不動産販売のように売却をして換価し、
売却代金を返済に充当するというものです。

 

 

このような任意売却の物件を購入する場合、
通常の不動産よりも安く(1割〜2割安く)購入することができるというメリットがありますが、
デメリットや注意点もありますので、
今回はそちらを説明します。

 

任意売却の物件を購入する場合の注意点、デメリットよくあるトラブル

交渉に時間がかかる

まず、任意売却の物件の一般の不動産売買と同様
売り手と買い手の合意によって売買が成立しますので、
購入希望者が売り手と交渉し、合意に至れば売買成立となりますが、
一般的に任意売却の物件は、交渉に時間がかかります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

瑕疵担保責任を追及できない

通常の不動産取引では、売主は、不動産に隠れた欠陥があった場合に
瑕疵担保責任を負いますが、
任意売却の場合、売主は物件の瑕疵担保責任は
免責となりますので、買い手は、不動産に隠れた欠陥があった場合、
その責任を負わなければなりません(自身の費用で補修等が必要となります)。
ですから、物件購入する前に部屋の設備状況の確認と、
売主から設備状況確認書など物件に関する書類をもらうなどして
物件のチェックは必ず徹底して行いましょう。

 

物の処分代などがかかることもある

また、任意売却の場合でも、基本的には、
建物内の売り手の所有物は残さず、カラの状態での引き渡しが原則ですが、
売り手は借金返済のため半ば強制的に不動産を売却する状況で、
引っ越し費用、撤去費用を捻出できないなどの事情などで、
物が残されたまま引き渡されることもあります。

 

放置されたものとは言え、買い手がこれらを勝手に処分をすると問題になりますので、
売り手や不動産会社と相談の上、
撤去が必要となり、この費用について結果として買い手負担となってしまう
こともありますので、このような面倒も想定しておきましょう。

 

住宅ローンを組める場合は多くあるものの…

競売物件を購入する場合、住宅ローンを組めないのが通常ですが、
任意売却物件を購入する場合は、
住宅ローンを組める場合は多くあります。
とはいえ、通常の不動産売買よりも不測の費用や時間がかかる場合もありますので、
資金、時間ともに余裕をもった購入計画にしておくべき必要があります。

 

スポンサードリンク