風呂のリフォーム在来工法、システムバス(ユニットバス)のメリット、デメリット

スポンサードリンク

風呂のリフォームの在来工法、システムバス(ユニットバス)のメリット、デメリット

風呂・浴室には、主な工法として
「在来工法」と「システムバス(ユニットバス)」の2種類があります。
今回はそれぞれの特徴、メリット、デメリットについて
説明します。

 

在来工法とは

「在来工法」とは、「在来」という名のとおり、昔ながらの工法で、
かつての一戸建ての風呂・浴室のほとんどで行われていた工法です。
周囲に防水加工を施し、その上にコンクリートなどで壁や床を造っていくというもので、
防水加工を綿密に施すことになりますが、
基本的には他の水回りではない部屋と同じように作られているというものです。

 

在来工法のメリット、デメリット

メリットとしては、好みの材料で風呂・浴室を作ることができますので、
浴室内壁に使う壁材もタイルやヒノキ材などをはじめ、
材質や内装にこだわって自身の好みの理想を、
柔軟に表現できる点です。

 

時間の経過につれて水漏れの心配があり、定期的なメンテナンスが必要で、
10年、20年でリフォームをする必要があるのが難点です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

2階、3階に在来工法による風呂を設置する際は、
より厳重な防水対策が必要となり、
システムバスに比べて工期が長く、予算も高くなってしまう傾向にあります。

 

落とし込み式など、浴槽が直接地面に接する場合には、
カビや白アリの温床となりやすいというデメリットもあります。
また、断熱性があまり高くないので、冬場寒いというデメリットもあります。

 

システムバス(ユニットバス)

「システムバス(ユニットバス)」とは、工場で作られる規格化された浴槽を
そのまま埋め込んで作るという工法です。

 

防水性が高く、工事が簡単で工期が短く、費用も安いというメリットがあります。
浴室内の丸洗いも可能なので、日々の掃除や手入れも楽です。
最近では、サイズ、内装、シャワーなどのバリエーションも豊富で、
浴室乾燥機、気泡バス、ミストサウナなどオプションも多彩です。
メリットの多いシステムバスですが、
デメリットとしては、サイズが規格化されていますので、
「風呂にあわせて部屋を作る」ということも必要になる場合もあり、
場合によっては、大規模なリフォームが必要となる場合もあるという点です。

スポンサードリンク