トイレ(便器)のリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

トイレ(便器)のリフォームのポイント、注意点

トイレは毎日使う場所ですので、家の中でもとても重要なスペースです。
今回は、清潔で使いやすい便器と居心地のよい空間を作るための
リフォームのポイント、注意点について説明します。

 

トイレのリフォームの中心は便器の交換ですが、
便器とあわせて、床、壁、天井などの張り替え、塗装、
手すりの設置など内装についても一緒にリフォームを考えるのもよいでしょう。

 

便器は、和式便器を洋式便器に変更したり、
古い洋式便器から新しい洋式便器へのリフォームですが、
(洋式便器から和式便器へのリフォームを考える方は
あまりいらっしゃらないかと思います…)
洋式便器は進化を続けており、ウォシュレットや暖房設備、温風乾燥、脱臭機能、
自動でフタの開閉するもの、
水垢がつきにくいアクリル樹脂をつかった便器なども登場し、
快適なものが追求されています。

 

また、少ない水量で流せる省エネ、エコタイプのものも登場しています。

 

洋式便器は、形状によってタンクレス便器、タンク付便器、
収納一体型便器といったものにわかれます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

タンクレス便器

タンクレス便器は、水をためるタンクがなく、
コンパクトな設計となっていますので、
トイレのスペースをより広く使うことができるメリットがある反面、
手洗いが手洗いが付いていないので、
手洗い場所を別途で設ける必要があります。

 

タンクレス便器の場合、ある程度の水圧がなければ
流すことができない設計のものもあるので、
水圧に不安がある場合は、業者とよく相談した上で、
選択するようにしましょう。

 

タンク付便器

タンク付便器であれば、水圧に関係なく設置でき、
手洗いも付いているもの、付いていないものいすれのタイプもありますので、
必要に応じて選択することができます。

 

タンクまわりはほこりや汚れが溜まりやすく、
構造によっては掃除しにくいというデメリットがありますが、
ローシルエットタイプというデッドスペースを少なくした
デザインのタイプもあります。

 

収納一体型便器

手洗いや収納などが一体になった収納一体型便器であれば、
収納スペースを確保しながらデザインもおしゃれな空間となり、
掃除もしやすく快適ですが、キャビネット部分でトイレが狭くなり、
コストもかかってしまうというデメリットもあります。

スポンサードリンク