リビングのリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

リビングのリフォームのポイント、注意点

リビングルームは、家族が集う団らんの場所です。
リビングルームの快適さ、楽しさが家族の生活の重要な部分を占めることになりますから、
ぜひそのリフォームに力を入れたいところです。
今回はそんなリビングルームのリフォームのポイントについて説明します。

 

リビングルームの間取りと部屋のレイアウト

リビングルームの間取りと部屋のレイアウトについてですが、
リビングルームは家族が集まる空間ですので、
玄関から廊下、その他の部屋、トイレ、浴室などの動線を考え、
配置を考えましょう。

 

それぞれの部屋からリビングを通らずにトイレや浴室に行ける構造にするか、
必ずリビングを通る構造にするかで生活環境は大きく変化します。

 

例えば、子供部屋などにお友達などの来客が来た際に、
リビングを通らないとトイレに行けない構造ですと、
その度にお互いが気をつかうことになります。
逆に子供の来客との接点を持った方が安心だというお考えの方も
いらっしゃると思います。
子育ての考え方、コミュニケーションの取り方は
人それぞれですので、家族の考え方に合った配置を吟味しましょう。

 

リビングのリフォームのポイント

リビングのリフォームのポイントとしては、
全体的な色づかい、床材、壁材、収納、照明などといったポイントがあります。

 

リビング内の壁紙、家具、カーテンなどの色使いは、
カラフルにすると落ち着かない空間になってしまいますので、
できるだけ色調を統一することを心がけましょう。
窓のサイズ、配置による採光、照明の明るさにより、
色調の印象も変わりますから、合わせて検討したいところです。
白やクリーム色などで統一し、単調に感じてしまう場合は、
観葉植物や水槽などを置くことでアクセントをつけることもできます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

リビングルームの床材

リビングルームの床材で人気なのは、フローリング、カーペット」、クッションフロアなどです。
それぞれにメリット、デメリットがあり、
好みによりますが、注意が必要なのは、
マンションの場合、管理規定により床材に制限がある場合があります。

 

特に振動や音が伝わりやすいフローリングを禁止している場合が多くありますので、
管理規定を確認してから床材を選ぶようにしましょう。
また、工事の際に振動が出ますから、下の階の方に事前にあいさつをしておきましょう。

 

壁、天井の壁材

壁、天井の壁材は、壁紙で仕上げるのが一般的です。
壁紙には、紙、布、ビニールなどの人工素材、珪藻土などの天然素材が人気で
安いなものから高価なものまでさまざまです。
色みだけでなく、吸放湿性、耐熱性、保温性、抗菌・消臭効果など
機能面にも違いがありますから、
リフォーム業者に相談してふさわしい壁材を選びましょう。

 

まとめ

リビングルームのリフォームを、収納スペースとしても考える場合は、
床から天井まで使える壁面収納を作ることで、見せる収納としてオシャレに
収納することもできます。

 

ということでリビングルームのリフォームのポイントを説明してまいりましたが、
リビングは特にパーツ、パーツのチョイスよりも
全体の調和が重要となります。

 

家族の意見を取り入れて家族みんなが落ち着き、
楽しめる空間を作り出せるよう心がけていただければと思います。

スポンサードリンク