リフォームの手順、流れについて

スポンサードリンク

リフォームの手順、業者に依頼するまでの流れについて

今回はリフォームをしたいと考えたときに、まず何からすべきか、
どのように業者に依頼すべきかという流れについて説明します。

 

まずは、リフォームを希望の箇所について、
現在の状況を具体的にどのようにしたいのかご家族で話し合いましょう。
予算の問題もありますので、複数箇所ある場合は、
希望をすべてピックアップし、その優先順位についても決めていきましょう。

 

よくあるのは、リビングやキッチンの見た目がカッコイイリフォームに力を入れすぎて、
洗面所などの機能面が重視される箇所が
後回しとなり、予算不足により不便なままといった例です。

 

あとになってから予算がないのであきらめるということでなく、
事前に限られた予算の中から、まずすべきことを優先的に行い、
快適なリフォームにしたいものです。

 

次に各リフォームのだいたいの相場をしらべ、
希望のリフォームのだいたいの費用を計算しましょう。
今はインターネットで簡単に相場を調べることができます。
このサイトでも各種リフォームの相場について記載していますので、
ご参考のしていただければと思います。

 

合計額が予算を超えてしまう場合

合計額が予算を超えてしまう場合は、
どこかをあきらめたり、グレードを落とす必要があります。
どのぐらいまでなら妥協できるかについても家族で話し合っておくとよいでしょう。
なお、これはあきらめる前提の妥協案ではなく、
業者との価格交渉をし、予算内で希望のリフォームを実現するためにも
役立ちます。
また、あとになって家族でモメるタネを作らないためにも、
全員の意見をしっかり取り入れ、
楽しくリフォーム計画を練ることが重要です。

 

各リフォームごとのだいたいの相場を把握しつつ、
業者に見積りを依頼しましょう。

 

全国優良リフォーム会社への一括見積もり【リショップナビ】 リショップナビ

 

複数の業者に見積もりを取る際

複数の業者に見積もりを取る際は、各業者に他の業者にも見積もりを出して
もらっていることを伝えるのがマナーですが、
こちらのサイトから見積もりを依頼すると、
それぞれの業者が複数の業者に見積りを依頼していることをあらかじめ
了承しているので、気兼ねなく
複数の業者の見積もりを比較検討することができます。

 

また、比較検討されることを前提に各業者が見積もりを出しますので、
リーズナブルな価格から検討することができます。

 

見積もり書を検討する際

見積もり書を検討する際は、単純に工事総額だけを見て
比べるのではなく、各項目を確認し、
ある業者はある項目が、他の業者にはないといった場合、
どちらかが不要な工事をしようとしているか、
あるいはどちらかが手抜き工事をしようとしているということもあります。

 

ですから項目の有無、その金額について詳しく質問し、
もっとも信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

スポンサードリンク