二世帯住宅リフォームの費用の相場 一括見積もり

スポンサードリンク

二世帯住宅リフォームの費用の相場 一括見積もり

二世帯住宅とは、親と子供夫婦(とその子ども)などの
2つの家族が一緒に生活するための住居のことですが、
将来の親の介護や、幼い子どもを親に預けることができるなど、
家族間での支えあいができることや、
それぞれ独立した家を持つよりも住宅費用を軽減することができ、
近年、二世帯住宅の需要は高まっています。

 

同居型 と分離型

二世帯住宅には、同居型 と分離型があり、
同居型では、既存の住居に必要に応じてキッチンやトイレ、浴室、寝室などを
新たに追加で設置するリフォームで、
分離型では、住居をまるごと建て替えるなど、
すべて世帯別に用意することになります。
敷地面積の大きな場合は、左右に世帯を分けるという構造も可能ですが、
敷地面積があまり大きくない場合は、
1階、2階と上下で世帯を分けるという方法になります。

 

同居型の方がリフォーム費用は安く、数十万円から数百万円程度ですることができ、
分離型の方がリフォーム費用は高く1,000万円を超える場合が多くなります。

 

それではここから、リフォーム費用の相場と目安について説明していきます。
なお総額は、工事費用、機器代金、材料費やその他の費用なども含んだ参考金額です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

バリアフリーのための簡易なリフォーム

手すりを設置する場合、段差の解消、引戸への変更など
バリアフリーにするためのリフォーム費用は、
10万円〜30万円程度が目安となります。

 

一戸建てを簡易的に二世帯にするリフォーム

一戸建てにキッチン、浴室、トイレ、寝室などの部屋を
新しく追加で設置するリフォームを行う場合の費用は、
50〜150万円程度が目安となります。

 

それまで2階にキッチン、トイレ、浴室など水回りがない状態から
それらを追加する場合、給排水設備を設置する必要がありますので、
費用は高くなりなります。
また、内装工事、電気工事が必要なリフォームの場合、
その工事費用ぶんも高くなります。

 

建物の構造を変える場合

建物の構造を変えるリフォームの場合は、
二世帯住宅での1坪当たり(延床面積)のリフォーム単価は60〜90万円と言われ、
解体、撤去費用などを合わせると、
数百万円から1,000万円を超える費用がかかる場合が多いです。
また、リフォームに合わせて外構工事が必要な場合、
その費用もさらにかかることになります。

スポンサードリンク