二世帯住宅リフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

二世帯住宅リフォームのポイント、注意点

二世帯住宅とは、親と子供夫婦(とその子ども)などの
2つの家族が一緒に生活するための住居のことですが、
将来の親の介護や、幼い子どもを親に預けることができるなど、
家族間での支えあいができることや、
それぞれ独立した家を持つよりも住宅費用を軽減することができ、
近年、二世帯住宅の需要は高まっています。

 

二世帯住宅は「完全分離型」「完全同居型」「部分同居型」の
3つのタイプがあります。
今回はそれぞれの特徴、メリット・デメリットについて説明します。

 

完全分離型

完全分離型は、文字通り、それぞれの世帯が分離され、
独立したエリアで生活するというタイプです。
玄関や郵便受けも別々に設け、
キッチンやトイレ、浴室などもそれぞれ独立して設置されているというものです。
敷地面積の大きい場合あれば1棟の住居を
左右に分割する左右分離型とすることもでき、
敷地面積の小さい場合は、1棟の住居の1階・2階などで
上下に分割する上下分離型ということもできます。

 

完全分離型のメリットは、それぞれの世帯で近くに住み密に連絡を取り合える状況でありながら、
独立した生活が確保され、プライバシーを守りながら、
生活できるという点です。
デメリットとしては、リフォーム費用が高くなるという点です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

完全同居型

完全同居型では、寝室やそれぞれの個室がありながら、
玄関・リビングルーム・トイレ・キッチンなどの
部屋や設備を二世帯で共用するというものです。

 

メリットとしては、狭い土地でも有効活用でき、リフォーム費用を安くおさえられ、
それぞれ独立の住居を持つよりも出費を抑えられるという点、
二世帯でのコミュニケーションを楽しみながら生活できるという点です。
デメリットとしては、メリットでもある大人数での楽しい生活の反面、
気をつかう面もあり、生活リズムの違いや騒音などにストレスに感じるという場合もあります。

 

部分同居型

部分同居タイプは、玄関、浴室、リビングルームなど
住居の一部を二世帯で共用し、
キッチンなど収納や設備機器を必要において、
それぞれの世帯用に別個に設置するというものです。

 

共用とするもの、分離するものを話し合い、
必要に応じて自分たちが快適に暮らせる空間を作ることができるのがメリットです。
メリットでもある融通を効かせられるという点ですが、
双方の世帯で納得のいく間取り、構造が決まるまで細部にわたって
話し合い、合意が必要ですので、全員の理想を必ずしも反映できるものとなるか
どうかはわからないというデメリットもあります。

 

二世帯住宅のリフォームとともに、
バリアフリー化などもあわせて検討し、
将来も住みやすい住居環境を検討する必要があります。

スポンサードリンク