バリアフリーリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

バリアフリーリフォームのポイント、注意点

「バリアフリー」とは、障害者や高齢者などが
社会生活に営む上で支障となる物理的な障害や、
精神的な障壁を取り除くための施策のことですが、
バリアフリーリフォームでは、手すりをつけたり、小さな段差をなくしたり、
階段の段差の高低差を小さくしたり、開き戸を引き戸に変更したり、

 

トイレや浴室を広くしたり、ホームエレベーターを設置したりといったものがあります。

 

また、床材をコルクやカーペットなど、柔らかい素材にするといったものもあります。

 

要介護1〜5・要支援の方がお住まいで住居の改築が必要な場合、
自治体からバリアフリーリフォーム費用の半額〜最大9割を補助してもらえることがあります。

 

対象は自治体によって異なる場合がありますので、
ケアマネージャーや市区町村役場などにご相談、ご確認ください。

 

若くて健康な時には、わかりにくい住居の障害はいろいろとあるものです。
今回は同居の親のためや、自身の将来のために
バリアリフォームをする際のポイントについて説明します。

 

バリアリフォームをする際のポイント

段差をなくしたり、階段の一段一段の高低差を小さくするというものがあります。

 

高齢になり、足腰が弱まると、小さな段差が大きな障害となります。

 

若い頃は全く意識もしなかった段差が辛くなることがあります。

 

カーペットのたるみなどでつまづいて大怪我につながることもあるのです。

 

家の中の床の高さを統一し、フローリングはすべり止め加工をし、
なおかつコルクなどやわらかい材質を選ぶことで、負担は軽減され、
転倒してしまった際のダメージも小さくすることができます。

 

また、玄関、トイレ、浴室など、座ったり、立ち上がったりする箇所に
手すりを設置することで、転倒の防止や膝や腰の負担を軽減することで、
スムーズな生活の手助けとなります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

車いすでの生活を想定した場合

車いすでの生活を想定した場合、
扉は開き戸から引き戸に変更すると生活がスムーズになります。

 

また、トイレを寝室の近くにしたり、一階だけで生活できるような
間取りに変更することで生活のストレスを減らすことができます。

 

ドアノブや蛇口など握ってまわすタイプのものは、
握力が低下してくると開閉が非常に大変になりますので、
力を必要としないものに変更することも効果的です。

 

バリアフリーリフォームは、当事者の意見を取り入れて検討する

バリアフリーリフォームは、当事者になってみないと不便さがわかりにくいものですので、
介護の必要な方と同居している場合は、
その方の意見を聞いて、不便な箇所の改善方法を
検討し、ケアマネージャーやヘルパーなど介護の経験豊富な方に、
今後想定される障害を聞いて、改善方法を考えるのがよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク