リフォームに関する補助金・助成金、税金の優遇制度

スポンサードリンク

リフォームに関する補助金・助成金、税金の優遇制度

リフォームに関する補助金・助成金、税金の優遇制度

 

 

リフォームにかかる費用には、地方自治体からの補助金や助成金、
税金の還付といった優遇制度を受けることができる場合があります。

 

 

まず、注意が必要なのは、補助金や助成金、税金の還付は、
対象になる工事を行ったときに自動的にされるものではありません。

 

 

リフォームをする方から、地方自治体に申請をする必要があります。
「申請主義」という原則がありまして、
行政のサービス、優遇制度は適用される側から
その申し出をしなければ、それらを受けることができません。

 

 

つまり、何らかのサービス、優遇制度を受けることができたにもかかわらず、
その事を知らず、あるいは知っていても
適正な方法による申請を行わなければ、
それらの優遇措置を受けることができず、
あとになってから後悔してしまうことになります。

 

 

ですから、リフォームを行う際は、お住まいの地域の
地方自治体の補助金・助成金制度を必ずチェックしましょう。

 

 

地方自治体により、対象となる工事や、予算の総額、
対象となる件数、申請方法などが異なります。
また期間を限定している場合もありますので、
常に最新の情報を確認するようにしてください。

 

 

多くの地域で補助金・助成金の対象となるのが、
介護を目的としたリフォームの場合です。
要介護1〜5・要支援の方がお住まいで、住居の改築が必要な場合は、
手すりの取り付け、床段差の解消、
滑り防止・移動しやすくするための通路面の材料変更、
引き戸などへの扉の取替え、洋式便器などへの取替え、
およびこれらに付帯する工事のリフォーム費用を
上限20万円までのの9割を補助してもらうことができます。
ケアマネージャーなどに問い合わせてみるとよいでしょう。

 

リフォームには税金面でもさまざまな優遇制度が用意されています。
減税の対象などは期間が限定されていたり、
新たなものが創設されたりしますので、
こちらについても国税庁のホームページ等で
最新の情報を確認してください。

 

国税庁HP
https://www.nta.go.jp/index.htm

スポンサードリンク