風呂のリフォーム「ハーフユニット」のメリット、デメリット、注意点

スポンサードリンク

風呂のリフォーム「ハーフユニット」のメリット、デメリット、注意点

風呂・浴室には、主な工法として
「在来工法」と「システムバス(ユニットバス)」の2種類があります。
その折衷的なものとして「ハーフユニット」という選択肢もあります。

 

ハーフユニット

ユニットバスは、浴室全体で1ユニットという構造ですが、
ハーフユニットは、浴槽、洗い場、壁下部までがユニット化され、
壁の上部と天井は在来工法のようにオーダメイドという構造です。

 

浴槽、洗い場はユニットバスによる高い防水性で、
壁上部、天井の材質などをオーダーメイドで
希望を反映させることができるというものです。

 

マンションなど集合住宅で構造が決まっていて、
ユニットバスの規格と建物の天井高が合わない場合も
ハーフユニットですと柔軟に対応できますし、
ドアも好みの位置に設置することができます。

 

ハーフユニットの注意点、デメリット

ハーフユニットの注意点、デメリットとしては、
ユニットバスよりは防水性が劣ってしまうという点、
ユニットバスに比べて、メーカーや商品にバリエーションが少なく、
選択肢が限られてしまうという点があげられます。
工事費は在来工法と比べて安くなることが一般的ですが、
構造によっては、在来工法よりもかかってしまうこともありますので、
注意が必要です。

スポンサードリンク