風呂のリフォーム 浴室の換気設備(プロペラタイプ、シロッコタイプ)の注意点

スポンサードリンク

風呂のリフォーム 浴室の換気設備(プロペラタイプ、シロッコタイプ)の注意点

風呂、浴室のリフォームをする上で、
最も重要といっていいのが、換気設備、通気性についてです。

 

湿気がたまるとカビ、汚れ、水垢の原因となり、
どんなに抗菌性の高い材質のものをつかっても、
通気性が悪いとすぐにこれらがたまって浴室を劣化させます。

 

掃除をする際も、洗浄剤は換気しながら使わないと危険ですので、
とにかく換気設備は風呂のリフォームをする上で最重要なものです。

 

今回は換気設備について説明していきます。

 

まず、換気扇の種類ですが、浴室の蒸気や
湿った空気をプロペラファンで外に直接排出するタイプと、
空気がダクトを通って出入りするシロッコタイプの2種類が主です。

 

浴室の壁が外と隣接しているいう場合

構造上、浴室の壁が外と隣接しているいう場合には、
プロペラタイプを設置することが可能ですが、
集合住宅であったりや、浴室が外と隣接していない配置の場合は、
シロッコタイプを設置することになります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

シロッコタイプのメリット

もちろん、構造上プロペラタイプの設置が可能な場所に
シロッコタイプを設置することもできます。

 

プロペラタイプは、風が無いときや、
気密性が低い場合は風量が多いのですが、
外の風の影響を受けて、風量がダウンするという弱点がありますが、
シロッコファンはこれらの影響を受けず、
風量が安定しているというメリットがあります。

 

ダンパーつきの換気扇のメリット

換気扇には「ダンパー」という外気の流入を防ぐ仕組みがありますが、
このダンパーがついていない機種もあります。

 

ダンパーがついていない場合、冬場は外の冷たい空気が
室内に入ってきてしまうということもあります。

 

また、換気扇の設置場所は、壁につけるタイプと天井に付けるタイプがありますが、
天井タイプでダンパーがないものですと、
しずくが落ちてくるということになりますので、
ダンパーつきのものを選んだ方がよいとでしょう。

 

湿度センサーのついた換気扇

湿度センサーのついた換気扇もありますが、
設置場所によっては、誤作動したり、作動しなかったりということもあり得るので、
浴槽にあまり近い位置ではなく、かつ外気が
直接あたらない位置に設置することが必要です。

 

素人では落とせない汚れ、修復できない劣化もある

換気扇の日々のお手入れ、掃除はわりと簡単に行うことができますが、
素人では落とせない汚れの蓄積や、劣化することもありますので、
数ヶ月単位で定期的にプロに掃除、メンテナンスを依頼して
大切に使っていくのがよいでしょう。

スポンサードリンク