玄関ドア、扉のリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

玄関ドア、扉のリフォームのポイント、注意点

玄関は、来訪者が最初に目にする場所であり、
その家の第一印象を決めるとても重要な箇所です。
また来客だけでなく、住んでいるご家族の方が一日のスタートをする場所であり、
一日の最後に迎えてくれる場所ですので、
玄関の印象は日々の活力にも大きく影響するとても重要な場所です。

 

注意が必要なのは、戸建ての住宅の場合は、ご自身の好きなように予算に応じて
リフォームが可能ですが、マンションの場合は、玄関ドアなどは、
共有部分となりますので、原則として錠部分をのぞいてリフォームすることはできません。

 

分譲マンションの場合は、玄関部分やその他の部分も共有部分に含まれる部分は、
勝手にリフォームできませんので、リフォームを検討する場合は、
組合などに問い合わせ、可能かどうかを確認するようにしましょう。

 

玄関ドア

玄関ドアは、色やデザインは外壁や内装との調和を考えて選ぶようにしましょう。

 

玄関ドアは、片開き・親子ドア・両扉・引き戸の4タイプがあります。

 

玄関の間取り、広さ、収納スペースなどと合わせて適切なものを業者と相談して
選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

金属製と木製

材質は主に金属製と木製の2種類に分けられます。

 

金属製の材質には、耐久性・耐候性に優れたアルミ形材、堅牢なコート鋼鈑、
腐食に強いステンレスといったものがあり、木製のドアは耐水性・耐摩擦性に優れた
無垢材が主流となっています。

 

ガラス入りのもので光を取り入れることができるものや、
断熱性が高く、室内の暖房の熱を逃さずに省エネ効果があり、
結露を防ぐもの、採風窓がついていて通気性がよく、
玄関の湿気やにおいを防ぐようなものもありますので、
日当たりや地域の気候に応じて適切なものを選ぶようにしましょう。

 

また、網戸を設置することにより、夏場は害虫に侵入を防ぎながら通気性を確保して
涼しい住まいを実現することができます。

 

ドアの色

ドアの色ですが、外壁や内装と同色系を選ぶことが無難ですが、
あえて異なる色を選んでインパクトを出すといったこともできます。

 

色づかいはセンスや好みが問われる部分となりますので、
ご家族の方々の意見も取り入れつつ、慎重に選びたいところです。

スポンサードリンク