フローリングの点検とリフォームの時期

スポンサードリンク

フローリングの点検とリフォームの時期

今回は、フローリングの点検とリフォームの時期について説明します。

 

フローリングのリフォーム

床材は人が毎日歩きまわることによって、
常に酷使されています。

 

フローリングの張替え時期は、15?20年ぐらいが
目安となりますが、それより短い期間でもリフォームが必要なる場合もあります。

 

まず、きしみや反り、汚れが目立ってきたら、
そろそろリフォームを検討する時期です。

 

フローリングの無垢と合板

フリーリングには、無垢と合板のものがありますが、
合板フローリングの場合は、下の合板が見えてきたらリフォーム時期とです。

 

無垢材のフローリングの場合は、多少の傷であれば、
簡易な補修で良い場合もあります。
補修で修復できない傷や汚れが目立つようであればリフォーム時期です。

 

床鳴りする場合

無垢、合板、いすれのフローリングでも、床鳴りがする場合は、
原因が、床板の変形の場合と、床下地の傷みの場合があります。
床板が変形している場合は、音だけがして床の感触はしっかりしています。
床の下地が傷んでいる場合は、上を歩くと音がするとともに床がたわみます。
どちらが傷んでいるか、あるいは傷みの程度によって、工事の内容が異なりますので、
専門業者と相談し、適したリフォームをする必要があります。

 

ということで、フローリングは無垢、合板、
傷みの程度によっても必要な工事内容が変わってきますが、
いずれにしても、傷みや汚れを放置しておくと、
劣化の状況がひどい場合、土台にまでその影響を及ぼし、
大掛かりな工事が必要となり、大きな費用がかかってしまうこともありますので、
キズや汚れが目立ってきたり、色あせ、剥がれ、床鳴りなどがする場合は、
なるべく早めにリフォーム業者に相談をしてみた方がよいでしょう。

スポンサードリンク