リフォーム中のペットの扱いの注意点

スポンサードリンク

リフォーム中のペットの扱いの注意点

今回は、リフォームを行う際のペットの注意点について説明します。
リフォームを行う際に、ペットをいつもとは違う場所で生活させたり、
工事の騒音や粉塵などの発生により、とまどってしまうことがあります。
特に小鳥などは、粉塵などに非常にデリケートですので、
できるだけ工事の現場から遠ざけるようにしなければなりません。

 

ペットはいつもと違う生活に大きなストレスを感じる

食事の時間などが変わるなどすると、
いつもの生活サイクルとは違う状況にとまどい、
不安や恐怖を感じ、緊張からパニックになったり、精神的不安定になり、
体調を崩してしまったりする場合もあります。
犬のお聴覚は人間よりも敏感ですので、
工事の音は人間以上にストレスに感じることもありますので、
騒音への配慮も必要です。

 

また、扉などを開けっ放しにしておくと、
精神的不安定も相まって外に逃げ出してしまうこともありますので、
注意が必要です。
ペットが工事の妨げとなってしまう場合もありますので、
業者、職人と事前にペットの扱いについて
打ち合わせしておきましょう。

 

このように、意外とリフォームの際はペットにとっては、
大ごとだったりしますので、
可能であれば、ペットホテルなどに預けるという選択肢も視野に入れた方がよいかもしれません。

スポンサードリンク