中古マンション、一戸建てでリフォームできない場合

スポンサードリンク

中古マンション、一戸建てでリフォームできない場合

リフォームすることを前提にマンション、一戸建ての
中古住宅の購入をお考えの方も多いと思いますが、
必ずしも自由に理想のリフォームができるとは限りません。

 

共有部分は基本的にリフォームできない

マンションの場合ですが、マンションには「専有部分」と「共用部分」があります。
専有部分は所有者の部屋で、共有部分は、エントランス、廊下、
エレベーター、階段、ゴミ捨て場、駐輪場などの部分ですが、
共用部分については所有者で共同して管理しますので、
マンションの住人の一人が勝手にリフォームすることはできません。

 

前述した共有部分については、住人の
共有のものであるという想像はつきやすいと思いますは、
部屋の玄関のドア、外壁、サッシ、窓ガラス、バルコニー、
ガス・給排水などの設備用配管類を納めているパイプスペースなども
共有部分ですので、勝手にリフォームしたりすることは
原則としてできません。
(管理規約によっては部分的に可能な場合もあります。)
マンションの管理規約に、どこが共有部分なのかその区別について
詳しく記載されていますので、よく確認をしてから購入及び、
リフォームを検討するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

専有部分でもリフォームできない場合がある

専有部分においても、リフォームできないことはあります。

 

まず、間取りの変更についてですが、建物の構造体となっている
壁の位置を変えたり、穴を開けたりすることはできません。
床材の変更についても、管理規約で禁止している場合がありますので、
よく確認しておきましょう。

 

その他にも、管理規約によって認められるもの、
認められないものが異なりますので。管理規約を確認し、
管理組合に確認をとってからリフォームを行うようにしましょう。

 

中古の一戸建てのリフォーム

中古の一戸建ての場合ですが、こちらは法律上の規制に注意しましょう。

 

主な規制に都市計画法に基づいた用途地域の制限で
建ぺい率、容積率、斜線制限、日影規制、
隣地との境界線、道路からの距離などで、
建物の制限がかかる場合があります。

 

また、防火地域・準防火地域では、
防火性能基準を満たした玄関ドアやサッシでなければ認められません。

 

これらの規制に違反する建築物は許可されませんので、
事前に行政、建築業者とよく打ち合わせをしてリフォームを考えるようにしましょう。

スポンサードリンク