畳のお手入れ、張替え、リフォーム時期について

スポンサードリンク

畳のお手入れ、張替え、リフォーム時期について

今回は畳のお手入れ、張替え、リフォーム時期について説明します。
畳は天然素材ですので、湿気がたまると、
ダニ、虫が住み着きやすく、カビの原因にもなりますので、
湿気には十分注意しましょう。

 

畳のある部屋には、湿気に注意する

畳のある部屋には、湿気の原因となる
観葉植物や水槽を置かないようにしましょう。

 

部屋の通気性をよくし、部屋に湿気がたまらないように、
換気を心がけることが重要です。

 

窓の結露にも注意しましょう。

 

洗濯物も畳のある部屋では干さないようにしましょう。

 

定期的に、、畳と床の間に物を挟んで隙間を作り、
風を通して乾燥させることで湿気対策を取ることができます。

 

また、直射日光により、色あせをしてしまうこともありますから、
カーテンや障子を設置し、日照りに注意しましょう。

 

畳の掃除

畳の掃除は、掃除機を畳の目にそってゆっくりとかけ、
かたくしぼった雑巾で拭き掃除を行いましょう。
濡れた雑巾で拭くと、黒ずみや傷みの原因になりますので、
注意しましょう。
汚れがひどい場合は、お酢を薄めて拭き掃除を行うのが効果的です。

 

カビ、ダニの予防

年に1、2回程度、畳を外で干し、カビ、ダニの予防を行いましょう。
春、秋のよく晴れた日に、直射日光の当たらない位置で
はたきなどで畳を叩いて、4〜5時間ほど畳を干しましょう。
2〜3年ごとに裏返して使うと、畳を長く使うことができます。

 

畳が日焼けによる色落ち、ダニ、カビ、虫による傷み、
摩耗による傷みが目で見て明らかな時は、
畳を交換する必要があります。
畳の劣化を放置すると、床や土台の劣化にもつながり、
大掛かりなリフォームが必要となって費用も大きくなりますので、
畳の劣化に気づいたら、早めに交換を考えた方がよいでしょう。

スポンサードリンク