床材カーペットのお手入れの方法、張替え、リフォーム時期

スポンサードリンク

床材カーペットのお手入れの方法、張替え、リフォーム時期

一般的なカーペットのお手入れの方法をご紹介しますが、
カーペットによってお手入れの方法が異なりますので、
商品の表示や説明書きを確認の上行ってください。

 

カーペットは汚れやほこり、ダニに注意

カーペットは汚れやほこりがたまりやすく、また、
ダニがすみつきやすいので、こまめなお手入れが必要です。
ダニは病気やアレルギーの原因となりますので、
じゅうぶん注意しましょう。

 

ダニは湿度が高くなると活動が活発化し、大量に発生します。
ウールカーペットや混紡のカーペットは、吸水性が高いので
湿気がこもり、すぐにダニが繁殖してしまいます。

 

ダニの退治のために、月に1回程度
換気をしながら拭き掃除を行い、天気のいい日に外に干しましょう。

 

拭き掃除は、中性洗剤を規定の量のぬるま湯で薄め、
固く絞った布で行いましょう。

 

最初に、カーペットの目立たない箇所で、色落ちがしないか確認し、
大丈夫なようでしたら、最初は毛並みに沿って拭き、
次に手並みの逆方向に拭くという順序で行ってください。

 

最後に乾いた布で拭きとりましょう。

 

そのまま室内で乾燥させて終了でよいのですが、
半年〜1年に一度程度外で干すことも行ってください。

 

裏面から軽く叩き、ゴミやほこりを落としてください。

 

外で干す場合の注意ですが、
直射日光で干しますと、変色してしまうものもありますので、
陰干しをするようにしてください。

 

なお、黒ずみや色あせ、手のほつれが目立ってきたときも交換の時期です。
ダニやカビが発生してしまった場合は、
建物の土台まで傷ませてしまう危険性がありますので、
すぐに交換を検討した方がよいでしょう。

スポンサードリンク