子供部屋のリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

子供部屋のリフォームのポイント、注意点

子供部屋のリフォームに際して意識しておきたいのは、
お子さんの年齢や今後の成長をある程度想定しつつ、
お子さんの一人の時間を大切にしながら、
家族とのコミュニケーションも取れるバランスのよい空間を作ることです。
また、お子さんが二人以上の場合、男女間や年齢差なども
考慮する必要もあります。
場合によっては、あえて狭くすることがふさわしい場合もあります。

 

 

お子さんが小学校5、6年生あたりを境に、
部屋のリフォームや部屋の位置自体を変更するのがふさわしい場合もあります。

 

兄弟で部屋を共有している場合も、
小さいうちは共通の部屋で、
小学校高学年になったら、部屋に仕切りを設けたり、
部屋を分けたりすることを考えてもよいでしょう。

 

洋室の床材

洋室の床材はフローリングが人気ですが、
振動が響きやすいという難点もあります。
子供部屋が二階以上の階にある場合は、その足音や騒音なども
下の階の人に気になるところですので、
アレルギーなどに配慮しつつ、
防ダニ・防臭・防アレルギー・防汚などの機能がある
カーペットやクッションフロアを考慮してみてもよいでしょう。

 

勉強に適した環境

子供部屋は、お子さんの年齢が上がるにつれて
勉強をする空間としての役割が大きくなりますので、
勉強机と照明も気を使い、快適に勉強できる環境を考慮したいところです。
風通しのよさも含め、大きな窓があるのが理想的ですが、
物理的に不可能な場合は、ほどよい採光窓の設置を考えてみましょう。
照明はインバータ式の蛍光灯がちらつきが少なく、
部屋全体を明るく照らすのでおすすめです。

スポンサードリンク