小さな土地のメリット

スポンサードリンク

小さな土地のメリット

土地選び、土地探しをする際は、多くの方が
できるだけ大きな土地を、安い値段で
購入することができるものを探そうと考えがちですが、
実はこの考え方はあまりよくありません。

 

たしかに大きくて安い土地はお得感がありますが、
本当に自分にとって必要なサイズなのかということが重要です。

 

大きな土地はデメリットもある

大きな土地を買ってしまうと、それだけ土地の維持費も高額になります。

 

住宅のまわりの外構工事を行う際に、
敷地が大きければ大きいほど、その費用も高くなります。

 

安い土地は何かしら安い理由がある場合が多く、
例えば、地盤が弱く、地盤改良工事が必要な場合もあります。

 

この費用を考えると結果として割高な土地を
購入したことになってしまいます。

 

不必要に広い土地を購入してしまうと、
費用がかさんでしまい、資金不足になってしまい、
結果として、どこかを妥協しなければならないという
本末転倒な結果にもなってしまいかねません。

 

ですから、土地探しをする際は、
まずご自身が実現したい住宅、エクステリアの
青写真を持ち、土地の購入費用と、
住宅建築費用、外構工事費用のトータルの視点で
それを実現可能な最適なサイズの土地探しをすべきなのです。

 

小さな土地でも意外とやれることは多い

多くの方が、自身の好みの住宅をつくるには
大きめの土地が必要だと考えがちですが、
印象として「小さな土地」でも、
意外とやれることはたくさんあります。

 

むしろ、予算が限られているのであれば、
小さな土地でなければできないこともあります。

 

ですから、土地選びの際は、漠然と面積と値段で
お買い得かどうかを考えるのでなく、
ご自身の理想を実現するのにふさわしい土地を探すという意識で
行っていただければと思います。

スポンサードリンク