建築条件付土地売買のトラブル、注意点について

スポンサードリンク

建築条件付土地売買のトラブル、注意点について

土地が相場よりも安い価格で売りに出されている場合は、
多くの場合何かしらの理由がありますが、
そのよくある理由のひとつが、「建築条件付土地」
という場合です。

 

建築条件付土地とは

建築条件付土地とは、
購入した土地に、売主または売主の代理人によって建物を建築することが
条件とされているものです。
買主が自分で見つけた建築業者に依頼して
建物を建てることはできないということです。

 

いすれにしても、建物を建てる予定の土地探しなので、
建築条件付土地でも構わないと考えて土地を探す方も多く、
実際、それで納得の住宅を手に入れることができる場合も多々あるのは
事実ですが、トラブルが発生することも少なくありません。

 

例えば、建築業者は決まっていて、建てる建物は、
買い主のオーダーによるフリープランとうたっていても、
実際はいろいろな制約がかかり、
建築業者の提示する案の中から選ばなければならない
という場合が多いです。

 

強引な契約には注意が必要

本来であれば、土地の売買契約を締結し、
その後、建物のプランが決まってから、
施工業者と建築工事請負契約を締結するという順番ですが、
土地の売買の段階で、建物のプランも決まっていないまま、
建築工事請負契約を締結させようという業者もいます。
どんなものを建てるかも決まる前から、
このような契約を迫る業者は危険ですので、
注意した方がよいでしょう。

 

強引な契約でも締結してしまってからには、
契約内容に拘束され、後戻りできないということに
なりかねませんので、じゅうぶんに注意しましょう。

 

土地の売買契約書に入れておくべき文言

土地の売買契約書に
「土地の売買契約後でも、
建物の建築のプランに合意できない場合は、
土地の売買契約も白紙に戻す」
という文言を入れておくことをおすすまします。

 

とにかく、不動産の売買契約は、
数千万円以上の高額な取引ですから、
よくわからないものや怪しいと感じたものは、
すぐに契約せず、書面を持ち帰って、
詳しい人や弁護士など法律の専門家に相談するなどして、
慎重に決断するようにしましょう。

スポンサードリンク