高低差のある土地を購入する際の注意点

スポンサードリンク

高低差のある土地を購入する際の注意点

建物を建築するための土地を探す場合、
できるだけ安く手に入れたいと考えるのは当然ですが、
単純に周辺の相場と比較して面積あたりの価格が安いからといって、
それだけで判断をしてしまうのは危険です。

 

例えば道路よりも高い位置にある土地は周辺の相場よりも
安い価格がつくことが多いですが、注意が必要です。
道路と高低差がある土地は、高い位置にある土地の土が崩れてしまわないように
土留めの工事をしなければ、建築基準法に抵触し、
建物を建築できません。

 

土留めの工事は数十万円〜百万円以上の工事となる

土留めを行われていない土地であれば、
土地購入後に土留めの費用は別途必要になってしまいます。

 

土留めは、擁壁(ようへき)というコンクリートの壁で行う方法や、
ブロック塀を積み上げて行う方法などがありますが、
後者のブロック塀を積み上げる土留めの場合、
費用は擁壁よりも安くすみますが、時間の経過で劣化しやすく、
崩れたり、傾いたりしてしまうこともありますので、
すでにブロック塀で土留めをしている土地を購入する場合、注意が必要です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

自治体によっては、高低差1メートル以上の場合、
ブロック塀による土留めを禁止している地域もあります。

 

このように道路と高低差のある土地の場合、
土留めに関する費用が別途発生したり、
今後、補修工事などで発生することもあります。
土留めの工事は数十万円〜百万円以上の工事となることも珍しくありません。

 

高低差のある土地ではその他、工事費用も割高となる

高低差のある土地では建物の建築や、外構工事などの費用が
割高になることもありますので、
そのような費用とトータルで考えた場合、
土地の安さが無意味なものとなってしまうこともあります。

 

ですから、高低差のある土地の購入を検討する場合は、
土地を購入してから数年後、数十年後を見据えて、
費用面はもちろん、安全面も含めて慎重に考える必要があるでしょう。

スポンサードリンク