軟弱地盤の地盤改良「柱状改良」の費用、メリット、デメリット

スポンサードリンク

軟弱地盤の地盤改良「柱状改良」の費用、メリット、デメリット

土地の地盤が軟弱な場合、
そのまま建物を建ててしまっては危険ですから、
建物を建てる前に地盤改良をする必要があります。

 

軟弱地盤が2m以下であればその部分を固めて強化する表層改良工法
という方法で地盤改良を行いますが、それよりも深いところまで
軟弱地盤がある場合は、弱い地盤部分に
土の中にコンクリートの柱をつくる柱状改良や、
鋼の杭を打ち込んで建物を安定させる
鋼管杭工法という方法がとられます。

 

今回はその中の柱状改良について説明します。

 

柱状改良とは

柱状改良とは、軟弱地盤が深度2m〜8mまでの場合に行う工法で、
土の中にコンクリートの柱を造って強度を保つという方法です。

 

軟弱地盤が2m以内の場合は、
軟弱地盤にセメント系の固化材を混ぜあわせて
地盤を硬化させる地盤改良の方法がとられますが、
それよりも軟弱地盤が深い場合は、
コンクリートの柱を良好地盤までつくり、
強度を保つ柱状改良をとるべきということになりますが、
施工には4tの大型重機の搬入が必要となりますので、
狭小地などの工事には向いていません。

 

工期は1日から2日ほどですが、コンクリートが固まるまで
工事後2〜3日の養生期間が必要となります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

柱状改良にかかる費用

柱状改良にかかる費用は、1階の床面積が20坪程度で、
深度4〜5メートル程度を改良する場合で、
およそ70〜100万円ほどが目安となります。
面積が広くなったり、深度が深い場合は
さらに費用がかかることになります。

 

大型重機を搬入することができない土地の場合や、
コンクリートの柱が膨張して近隣の塀などに影響を与えてしまうような場合は、
柱状改良工法による地盤改良を行うことができず、
鋼を杭として打ち込む鋼管杭工法という
方法によらなければならないことになりますが、
これは柱状改良よりも工事費用がかかってしまうことになります。

 

土地の購入を検討する場合

土地の購入を検討する場合は、
立地や周辺相場との価格比較だけでなく、
地盤についても注意をする必要があります。

 

安く土地を購入できたと思っていても、その土地が軟弱地盤であれば
地盤改良に数十万円、数百万円の費用がかかってしまいます。

 

軟弱地盤の深さが深いほど地盤改良にかかる費用は高くなりますので、
土地の購入を検討する際は
必ず地盤調査も怠らないようにしましょう。

 

特にかつて田や畑などの農地だった土地を宅地造成で造られた土地は、
軟弱地盤であることが少なくありませんので、注意が必要です。

 

また、かつて地中にゴミの不法投棄などがされ、
土の中からゴミが出てくるということもあり、
その場合、ゴミの処分費用など、
さらに費用がかさんでしまう場合もあります。

 

このように地盤に問題があると費用が余分にかかったり、
近隣とのトラブルのタネになったりといったこともありますので、
土地購入を検討する場合は、地盤についても頭に入れて検討するようにしましょう。

スポンサードリンク