外壁塗装の悪徳業者の見分け方

スポンサードリンク

外壁塗装の悪徳業者の見分け方

国民生活センターには、塗装業者、リフォーム業者について
1日約15件以上もの被害相談が毎年発生しており、
件数は年々増加しています。

 

外壁塗装、屋根塗装、リフォームの悪徳業者の多くは
一般人には相場や傷み具合がわかりにくいところに
つけ込んできます。

 

飛び込み営業で、無料点検といって住居を点検し、
「このままでは大変なことになります」と不安を煽り、
「今、契約したらサービスします」
「モニターになることで割安に工事ができます。

 

すぐに契約しないとこのサービスを受けられません」
と、契約をせまり、結果的に割高な上に、手抜き工事が行われ、
手抜き工事も時間が経過しないとわからないため、
悪徳業者であったことを時間が経ってから気づくというケースが多いようです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

悪徳業者を見分ける方法

このような悪徳業者を見分ける方法ですが、
まず、「今すぐに」と、契約を急かす業者は注意しましょう。

 

リフォームは複数の業者に見積もりを出してもらい、
内訳についてよく質問してから契約をするようにしましょう。

 

「今だけ」と煽るような業者は
全く「今だけのお得」はないと考えてかまいません。

 

落ち着いて吟味した方が「お得」です。
「モニター価格」も、特別感を出して契約を促しますが、
多くの場合、すべての人に
「モニター価格」の「特別感」を与えていますので、
まったく特別でもなければお得でもない場合がほとんどです。

 

最初に額を提示し、根拠もなく大幅に値下げをした
見積もりを提示してくる業者も要注意です。

 

とにかく、外壁塗装、屋根塗装、リフォームを考える際は、
複数の業者に見積もりをとることが
大前提であると肝に銘じておいてください。

 

複数の業者から見積もりをとることで、
外壁塗装工事費用の相場を把握し、
ある業者にはある項目が、他の業者にない場合は質問することで
必ず必要な工事項目、不要な工事項目を見分けることができます。

 

塗料や材料の価格、必要、不必要の有無も
判断することができます。

スポンサードリンク