屋根塗装リフォームの工事、塗料、屋根材の種類の特徴、注意点

スポンサードリンク

屋根塗装リフォームの工事、塗料、屋根材の種類の特徴、注意点

屋根は普段はあまり目に入らない箇所ですので、
傷みや劣化に気づきにくいところではありますが、
直射日光、雨、風、雪などを受ける場所ですので、
傷みやすい場所でもあります。

 

屋根が劣化すると、雨漏りや、
家の構造をカビや腐食で劣化させる原因になります。

 

ですので、目につきにくく、ダメージをすぐに感じにくい箇所ではありますが、
定期的にリフォーム、メンテナンスに気を配ることが、
快適な生活を維持することにつながります。

 

屋根のリフォームを行う時期

屋根のリフォームには、
屋根の塗装を塗り替える方法、
既存の屋根材に新しい屋根材を重ねぶきするカバー工法、
既存の屋根材を撤去し、新たな屋根材にする葺き替え工事があります。
屋根の材質にもよりますが、塗替えは8〜10年ほど、
葺き替えは15〜20年程度がリフォームのサイクルの目安となります。

 

塗装の塗り替えは、屋根材がセメント瓦、スレート系、金属系で
下地がそれほど傷んでいない場合に有効な方法です。
日本瓦の場合は塗り替えの必要はありません。

 

塗料の種類

塗料の種類は、人気なのは、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料です。
ウレタン樹脂塗料は、さまざまな屋根材と相性がよく、
防水性に優れています。
シリコン樹脂塗料は、近年人気で、安定した光沢感があり、耐久性も優れ、
10〜15年ほどの耐久年数があります。

 

その他耐用年数は短い(5年〜8年)ものの、価格の安いアクリル樹脂塗料、
高価だけれども15〜20年の耐久年数で、汚れにも強いフッソ樹脂塗料などもあります。

 

カバー工法

既存の屋根材に新しい屋根材を重ねぶきするカバー工法は、
屋根材の傷みが激しい際に適しており、
既存の屋根材の上に重ねる工法ですので、廃材が出ず、
工機も短くすませることができます。

 

屋根材が重なっていますので、
断熱性や遮音性が高まるメリットがありますが、
重量が増えるので、建物の強度や耐震性に配慮して、
軽量の屋根材を選ぶ必要があります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

葺き替え

既存の屋根材を撤去し、新たな屋根材にする葺き替え工事ですが、
工機が長くなり、費用もかかりますが、
どのような屋根材でも設置することができ、
建物の機能性をアップさせるには最適な方法です。
屋根材には大きく分けて粘土系、セメント系、スレート系、金属系があります。

 

粘土系は耐久性に優れ、100年近い耐久年数を誇ります。
セメント系は、耐久性はありませんが、カラーバリエーションが豊富で、
定期的に取り替えることで、カラーコーディネートを楽しむことができます。

 

スレート系は、軽量素材で重ね葺きにも有効で、断熱性にも優れています。

 

金属系は、軽量で加工しやすく、
複雑な形状の屋根にも柔軟に対応できます。

 

代表的なトタンや銅板のほか、近年は耐久性の高いガルバリウム鋼板や、
さまざまな種類が登場しています。

 

屋根のリフォームを行う際は足場を組む必要があり、「足場代」が発生します。

 

今回の費用の目安は足場代を含んだ総額の目安ですが、
外壁塗装や外壁の張り替えを行う際も足場を組む必要がありますので、
別途で外壁リフォームを行うとそのときも足場代が発生してしまうことに
なってしまいますので、屋根と同時に外壁のフォームも一緒にしてしまうのが
効率的で費用も抑えることができますので、あわせて検討するとよいでしょう。

 

スポンサードリンク