ベランダ・バルコニーのリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

ベランダ・バルコニーのリフォームのポイント、注意点

ベランダ、バルコニーは住居の外側のスペースですが、
その違いは、屋根のあるものがベランダで、
屋根のないものをバルコニーですが、
あまり区別して呼ばない場合も多いようです。

 

ベランダ、バルコニーは家の外観のデザインの重要なポイントにもなりますし、
椅子とテーブルを置いてお茶をしたり、タバコを一服したり、
洗濯物を干したり、広めのスペースがあれば
そこに人を呼んでバーベキューなどをしたりなど
さまざまな用途があります。

 

基本的にマンションのベランダ・バルコニーはリフォームできない

マンションの場合に注意が必要なのは、
ベランダ・バルコニーは占有部分ではありませんので、
サッシの交換などリフォームをすることができませんし、
床材を敷いたり、交換することを禁止している場合もあります。

 

詳細は各マンションの管理規定により異なりますので、
リフォームを検討する前に必ず確認しておくようにしましょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

ベランダ、バルコニーに使われる素材

ベランダ、バルコニーに使われる素材は、一般的には、
木材やスチール、アルミニウムなどの金属が多いです。

 

これらの場合は5年前後で傷んだ箇所の補修や
交換などのメンテナンスが必要となります。

 

日本は温暖多湿な気候ですので、木材の場合は、
手入れをサボるとすぐに腐ってしまったり、
害虫が発生して老朽化してしまいますので、
日々の掃除が大切です。(ほこりを放置すると細菌が繁殖し、木を腐らせます)
木材を選ぶ場合は、湿気がたまりにくく、
通気性の高い構造にする必要があります。

 

メンテナンスの手間を考えるのであれば、
錆びにくいスチールなどを選ぶとよいでしょう。

 

ベランダ、バルコニーで洗濯物を干そうと考えている場合

ベランダ、バルコニーで洗濯物を干そうと考えている場合は、
気候や周辺の樹木などを配慮し、ほこりや花粉などが風で運ばれやすい場合、
サンルームを設置することで、それらから洗濯物が汚されることを防ぎ、
雨の日でも洗濯物を干すことができて便利です。

 

晴れた日は可動式の窓を開ければ、
太陽の光を浴びながら新鮮な空気を取り入れることができます。

スポンサードリンク