外壁塗装のつや有り、つや無しの特長、メリット、デメリット

スポンサードリンク

外壁塗装のつや有り、つや無しの特長、メリット、デメリット

外壁塗装に使われる塗料の、「つや」は5段階あります。
つや消し、3分つや、5分つや、7分つや、つや有り
というふうに全くつやの無いものから、
光沢度70度以上のつや有りまで分かれています。

 

つやがあると、ピカピカしていて輝きを放ちますが、
ありすぎると逆に安くさく見え、3分つや、5分つやぐらいの方が
落ち着きがあってむしろ高級感が出ます。

 

つやのメリット、デメリット

つやのメリットとしては汚れがつきにくく、カビやコケがつきにくく、耐久性がある点です。
つやの無い「つや消し塗料」は、
もともと、つやのある塗料に、つやを消す塗料を入れて作るものです。
その結果、つやのメリットを失うだけでなく、塗料の性能を低下させてしまうことになります。

 

ですから、つや消しは、それらのデメリットがあったとしても
見た目でつやが無い方がよいという場合に選択すべきでしょう。
なお、つやの寿命は3年ほどです。
3年を経過すれば、見た目は「つや消し」と同じ
状態となりますので、最初のお段階でつやを「消す」よりも、
ある程度のつやがあった方がよいのではないでしょうか。

 

つやの無い方がよい場合

つやの無い方がよい場合は、つや消し剤を添加して作った「つや消し」ではなく、
もともとつやの無いもので、アクリル、ウレタンは避け、
シリコン系塗料以上のグレードのものをおすすめします。

 

塗料を塗る前に、業者さんにサンプルを見せてもらい、
実際に直接見てから、どの程度のつやとするかを決めるようにしましょう。

 

スポンサードリンク