外壁塗装の水性塗料と油性塗料の特長、メリット、デメリット

スポンサードリンク

外壁塗装の水性塗料と油性塗料の特長、メリット、デメリット

外壁塗装に使う塗料には、水性塗料と油性塗料があります。
今回はそれぞれの特長、メリット、デメリットについて説明します。

 

まず、外壁塗装に使われる塗料の種類は次のようなものがあります。
()内の数字は耐用年数の目安です。

耐用年数の目安

アクリル系塗料(約4年)、ウレタン系塗料(約6年)、
シリコン系塗料(約13年)、フッ素系塗料(約18年)、
遮熱塗料(約18年)、光触媒塗料(約20年)

 

水性塗料と油性塗料

これらの塗料には、水性塗料と油性塗料があります。

水性塗料

水性塗料は、主成分が水で、
保管の際の注意は特に必要なく、内装への使用も可能です。
メリットとしては、値段が安く、嫌な臭いがほとんどしない点です。
デメリットとしては、耐磨耗性が弱く、耐侯性は油性よりも劣りますが、
これらの点も最近はメーカーの改良により、
油性のものと遜色ないレベルになっているものも多くあります。
塗料としての価格は安いですが、気温が低い場合は施工ができない場合があったり、
直接塗装できない場合もあり、油性のものより1工程増え、
その分の工事費用がかかることもあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

油性塗料

油性塗料の主成分はシンナーなどの有機溶剤で、
臭いが強く、保管には注意が必要で、内装への使用はできません。
メリットとしては、水に強く、耐久性に優れ、塗料密着が良いという点です。
特に金属部へは水性塗料よりも安心して塗装することができます。

 

まとめ

ということで、水性塗料、油性塗料の特長、メリット、デメリットについて説明しましたが、
一般的には、油性の方が臭いがキツイけれども長持ちし、モノとしてはよい
ということが多かったのですが、最近では、水性の錆止め塗料も開発され、
防錆性・密着性などで油性塗料に劣らないものもあり、
水性のデメリットを補い、トータルで水性の方がメリットが多いと考えられるものも出てきています。

 

塗料を選ぶ際は、ご自身の希望の壁に合わせて、
業者とよく打ち合わせをし、水性、油性、両方の見積もりを出してもらい
検討してみてはいかがでしょうか。

 

・一般的に油性の方が密着性、耐久性に優れている
・水性でも昔よりは性能が向上してきている
・水性は臭いが無いが、油性は臭いがきつい。内装の塗料に油性は使えない
・溶剤2液型がおすすめ

 

溶剤2液型の塗料は、主材と硬化剤を混ぜる手間もありますし、
混ぜた後は6〜8時間で使わなければいけないので使い回しができません。技術も必要となります。

 

工賃がかかる、人件費がかかる、難しい・・などという理由で
溶剤2液型を使う業者は少なくなってきています。が、
(油性)溶剤2液型こそプロが使う一級品、と業界では言われています。
仕上がりも持ちも違うので、付帯部分にも
溶剤2液型を使用することで素晴らしい仕上がりとなります。

 

スポンサードリンク