ビルトインガレージのリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

ビルトインガレージのリフォームのポイント、注意点

ビルトインガレージとは、住宅と別個に車庫をつくるのではなく、
住宅の内部に車庫があるというタイプのものです。

 

建ぺい率と容積率の注意点

敷地面積のうち、建物を建てることが認められた
建築面積の割合(建ぺい率)について、
住居と独立した車庫を設置する場合、
住居+車庫で法律の規制内に収める必要がありますが、
ビルトインガレージですと住居の建築面積に車庫が
含まれます。

 

また、住居とは独立した形で駐車場を設置する場合は、
住居の延べ床面積と駐車場の延べ床面積を合わせた面積と
敷地面積の割合(容積率)が、
法律の規制の範囲内で収めなければなりませんが、
住居と駐車場が一体化した「ビルトインガレージ」の場合は、
ガレージの面積が延べ床面積の1/5以内であれば、
床面積にカウントされません。

 

なお、ビルトインガレージの上部は、居住スペースとしたり、
バルコニーにするといったスタイルが人気ですが、
ビルトインガレージ自体の面積は、
延べ床面積の1/5まで容積率の計算から除外できますが、
居住スペースやバルコニーは、床面積に参入されますので、
注意してください。

 

車庫が住居内にあることで、
雨や風、雪などから車を守ることができ、
またイタズラや車上荒らしなどからも守りやすくなります。

 

ビルトインガレージの注意点

ビルトインガレージの注意点としては、
住居と車庫が一体化しているため、生活スペースに
車の排気音や振動が伝わってくるということもあり、
また排気ガスなどや臭いが気になる場合もあります。

 

木造や鉄骨造の場合は、断熱材をつかって
気密性と吸音性の高い構造とすることを意識し、
換気扇を設置し、排煙対策もしっかり行うように気をつけましょう。

スポンサードリンク