一戸建ての駐車場・ガレージのリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

一戸建ての駐車場・ガレージのリフォームのポイント、注意点

一戸建て住宅で駐車場、ガレージをリフォーム、増設、拡張する際の
注意点について説明します。
まず駐車場にもいろいろなタイプがあり、
住宅と一体化したビルトインタイプや、建造物として独立しているガレージ、
屋根と柱だけのカーポートなどの選択肢がありますが、
注意が必要なのは、屋根があるものはすべて建築基準法上の
「建物」となりますので、建ぺい率、容積率の規制があり、
建築確認申請が必要となります。

 

この規制を超えるものだと建築できないことになりますので、
事前に施工業者とよく打ち合わせを行いましょう。

 

いずれのタイプの駐車場においても、玄関との距離、動線、
前面道路の幅や出し入れのしやすさ、車のドアの開閉も考慮した
駐車スペースのバランス、これからお子さんが大きくなる場合など、
お子さんの自転車自転車、バイクのスペースなども考慮し、
また、予備のタイヤや、洗車用品、工具置き場の収納スペース、
コンセントや照明を設置などでライフスタイルにあった
快適なスペースを考えることが重要です。

 

駐車場の床

駐車場の床の部分は、コンクリートが多いですが、
外観やエクステリア、周辺環境との調和を考慮して、
タイルなどでデザインを工夫するという方法もあります。
門扉、ゲートや植栽なども設置することで、グッとスタイリッシュになり、
また、防犯上の効果も上げることができます。

スポンサードリンク