マンション・アパートの駐車場・ガレージのリフォームのポイント、注意点

スポンサードリンク

マンション・アパートの駐車場・ガレージのリフォームのポイント、注意点

マンション・アパートの駐車場は、全戸分のスペースを
確保するのは、かなりの敷地、設備を必要とし、
なかなか困難な点です。
だからこそ、入居者にとっては、全戸分の駐車スペースが確保された物件であれば
魅力的なものとなります。

 

自動車の駐車場スペースの有無で、
入居の可否が決まることも少なくなく、
オーナーとしてはぜひとも駐車場を充実させたいところです。

 

マンション・アパートの駐車場のタイプ

マンション・アパートの駐車場のタイプには、
平面式駐車場、地下駐車場、
自走式立体駐車場、機械式立体駐車場、
タワー式駐車場などといったものがあります。

 

平面駐車場はじゅうぶんな敷地が必要となりますが、
個数の多くないマンション・アパートの場合は
それで足りるというあります。

 

大型マンションの場合は、自走式立体駐車場が向いていますが、
「建築物」という扱いになり建ぺい率や容積率、
日影規制などの規制の対象となりますので、
法律上建築可能な場合の選択肢ということになります。

 

地下駐車場やタワー式駐車場を、リフォームで増設するのは、
現実的にかなり難しいかと思います。

 

マンション・アパートにもっとも向いているのは、機械式立体駐車場で、
スペースを抑えて、駐車スペースを確保できるので、
機械設備のメンテナンスが必要となるというデメリットはあるものの、
都心のマンションでも駐車スペースを確保することが可能となります。

スポンサードリンク