外構工事(エクステリア)で照明を設置する際のポイント、注意点

スポンサードリンク

外構工事(エクステリア)で照明を設置する際のポイント、注意点

最近は、外構工事(エクステリア工事)で自宅の庭に
照明器具を取り付ける方も増えてきました。
用途としては、庭や玄関までのアプローチを照らして、
足元や庭の視界を確保するという実用的なものから、
表札やシンボルツリーなどをピンポイントで照らして、
雰囲気を演出するという美観的なものもあります。

 

庭に照明器具を取り付けるメリット

照明器具を取り付けることで、夜でも庭でバーベキューを行うことができたり、
夜間にシンボルツリーなどの植栽の見栄えがよく、
住宅に高級感が出て、外観をより楽しむことができるという魅力があります。

 

LEDであれば虫が集まってきませんし、ライトが高温になることもありませんので、
小さなお子さんが触って火傷をしてしまうといった心配もありません。

 

表札、門扉をスポットライトのあたたかい光で照らすことで、
雰囲気を作るといったこともできますし、防犯効果も高まると言われています。

 

また、門扉から、玄関までのアプローチが飛び石などの場合、
高齢者の方などは特に夜間につまづいたりしてしまう危険性もありますが、
足元を照らすことで安全性を高めることもできます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

一般住宅での照明器具の設置

一般住宅での照明器具の設置は、
費用面などでハードルが高いというイメージを
持たれている方も少なくないようですが、
実はそれほど高い費用をかけなくても設置ができます。

 

ただし、むやみやたらに煌々とした照明を設置してしまいますと、
逆に安くさくなったり、近隣の住宅に迷惑をかけてしまうことになりますから、
照明の設置場所や、向き、明るさなどは注意する必要があります。

 

そのような注意点もありますが、
外構工事でデザイン性を重視する方にとっては、
照明器具を工夫することで、一気にオシャレで高級感のある
庭、エクステリアを演出することができますので、
外構工事を行う際は、そういった照明器具の設置も、
業者に合わせて相談してみるとよいでしょう。

 

スポンサードリンク