外構工事(エクステリア)で植栽を行う際の注意点

スポンサードリンク

外構工事(エクステリア)で植栽を行う際の注意点

自宅の庭に樹木や草花を植えている方も多く、
外構工事(エクステリア)で庭の植栽をお考えの方も多いと思います。
たしかに植栽は、庭を彩り、デザイン面でのメリットがあったり、
風を防いだり、周囲から家の目隠しになったりと実用的なメリットもありますが、
デメリットや苦労もあります。

 

今回は植栽を行ってから後悔しないために、
注意すべき点、あらかじめ理解しておく点について説明します。

 

自宅の庭に樹木を植えてよく起こるトラブルでは、
まず、枝葉が伸びて敷地をはみ出したり、
落ち葉や果実が他人宅に落ちるというトラブルです。

 

土地の境界近くに樹木を植える注意点

土地の境界近くに樹木を植える方は多いですが、
樹木の幹や枝は成長しますので、枝がお隣に入り込んでしまい、
葉や果実を他人の土地に落としてしまうことがあります。

 

葉は掃除をしなければならなくなりますし、
果実が落ちて、実が潰れ、迷惑をかけてしまうこともあります。

 

屋根に果実が落ち、放置していたがために
屋根が腐ってしまうということもあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

ですから、樹木を植えた場合、枯れてしまわないように
日々の管理も大切ですが、成長して
近隣に迷惑をかけないように配慮する必要があります。

 

また、花粉症やアレルギーを引き起こす樹木、特にヒノキやスギなどは、
その樹木があるだけで嫌悪感を抱かれてしまうこともあります。

 

直接的に、その樹木が原因でなくても、アレルギーや花粉症を持っている方は、
その木があるだけで心理的に嫌悪感を抱き、
ご近所付き合いが険悪になってしまう場合もありますので、
樹木を植える際はできるだけアレルギーや
花粉症を起こしにくい種類のものを選んだ方が無難でしょう。

 

樹木、草花を育てる際は、日々、手入れ、メンテナンスが必要

樹木、草花を育てる際は、日々、手入れ、メンテナンスが必要となります。

 

水や肥料はもちろんのこと、害虫についても注意を払わなければいけません。

 

害虫が発生してしまった場合は、業者に害虫駆除や、
害虫を防ぐメンテナンスを依頼しなければならなくなり、
費用が発生しますので、そのような費用負担が
発生する可能性も頭に入れておきましょう。

 

 

スポンサードリンク