外構(家の周り)の砂利敷きのメリット、費用

スポンサードリンク

外構(家の周り)の砂利敷きのメリット、費用

家の周りの外構工事(エクステリア工事)の床材は、
コンクリート塗装が強度が高く、耐久性があり、
またメンテナンスも不要なので人気が高く、
そのほか、ブロック、レンガなどを使用した工事なども人気ですが、
「砂利敷き」という選択肢もあります。
我が家も砂利敷きのアプローチとなっています。

 

砂利敷きのの工事費用

砂利敷きの場合、工事費用が
コンクリート塗装の半額以下の相場ですので、
かなり安く抑えることができます。

 

業者に依頼をしても安いですが、ホームセンターで砂利を購入し、
自分で敷けばもっと安くすみます。

 

必要となる砂利は種類(色、形、重さ、艶などの違いで
さまざまなものがあります)や
敷く厚さなどによっても異なりますが、
だいたいの目安としては1uあたり大体70キロ前後で、
ホームセンターの砂利で1袋10kg入りで1,000円前後
砂利を買うだけで1u当たり7000円程度が目安かと思います。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

砂利敷きで心配なのは、雑草の処理

砂利敷きで心配なのは、雑草の処理ですが、
防草シートを敷くことで雑草が生えてくる心配がなく、
砂利と下地の土が混ざるのを防いでくれます。

 

砂利を敷く前に、土砂を掘り出す必要がある場合は、
掘り出した土砂の処理などはプロの業者でないと難しいので、
土砂の処理、雑草シートを敷く作業は業者に依頼し、
砂利敷きはご自身で行うことで、工事費用を抑えることもできます。

 

前述のとおり、我が家のアプローチは砂利敷きなのですが、
歩くときにザクザクと音がしますので、
家周辺を人が歩くときに音がしますので、
空き巣、泥棒に狙われにくいという防犯上のメリットもあると思います。

 

また、冬場でも凍結して滑るということもないので安心です。

 

砂利敷きだけではデザイン的に物足りないという方は、
飛び石を設置することでオシャレなアプローチとすることもできますので、
費用面も含めて床材にお悩みの方は砂利敷きも視野に入れて検討してみては、
いかがでしょうか。

スポンサードリンク